SSH

外出先でも障害対応できるように 2in1 タブレットな ASUS T102HA を買ってみた

タイトル通りで外出先でも外出中でも障害対応ができるようにと タブレットを探していたんですけど色々悩んだ結果、20年くらい悩んでしましました。   候補はいっぱいあった ・タブレット ・2in1 ・小さいパソコン (GPD Pocket とか Vaio Pro 11とか) この3つの大きな外枠を決めるのに時間がかかった。 GPD Pocket みたいな小さい画面でFHDでターミナル表示とか フォントサイズを大きくしないといけないとか色々考えたら GPD Pocket である必要性はなくなった。 ちなみにどのOSでもそれなりのターミナルアプリはあるので 正直どのOSでも良かった。   2in1 な Windowsタブレット ASUS T102HA PENTAX Q-S1 (5mm, f/2.8, 1/30 sec, ISO800)これにした理由はないです…中古で30,000円だったから…。 メモリ4GB が載った Atom x5-Z8350 ターミナルぐらいだったら全然余裕だと思います。 T102HA 以外の 2in1 はメモリが 2GB とかだった気がする。   PENTAX Q-S1 (7.7mm, f/3.2, 1/30 sec, ISO800)スタイラスペンが付属してます。     外観 PENTAX Q-S1 (10.3mm, f/3.5, 1/30 sec, ISO800)下部:キーボードと接続する部分   PENTAX Q-S1 (12mm, f/4, 1/30 sec, ISO800)左:USB3.0 イヤホンジャック microHDMI microUSB(充電)   PENTAX Q-S1 (11.6mm, f/4, 1/30 sec, ISO800)上:電源ボタン マイク   PENTAX Q-S1 (5.7mm, f/2.8, 1/30 sec, ISO800)右:ボリュームボタン スピーカー 本体にキックスタンドがあって結構倒せます。 画像撮ってないけど後ろには指紋認証とボタンみたいのがあります。   PENTAX Q-S1 (5mm, f/2.8, 1/30 sec, ISO800)キーボード マグネットが割りと強力なので簡単は外れることはなさそう。   PENTAX Q-S1 (14.9mm, f/4.5, 1/30 sec, ISO800)キーボードはメンブレンな感じでキー自体が割りと高い JISじゃなくてUSが良かったな~   PENTAX Q-S1 (7.5mm, f/3.2, 1/30…

作ったAMIからインスタンスを作成するとSSHのパラメーターが変わる

背景 Auto Scaling Group の起動設定の元となるAMIを作成する際に SSHのPasswordAuthentication yesとしてAMIを作成をすると 復元するときにPasswordAuthentication noに戻ってしまう問題   原因 cloud-initが原因 [crayon-5b4efeeb945bc318623316/] ssh_pwauth: SSHのパスワード認証の有効/無効   cloud-init について Package provides configuration and customization of cloud instance. 僕の認識があっていれば起動時に毎回実行されるinitスクリプト(例外有り) 参考: cloud-initのデフォルト挙動を徹底的に調べてまとめてみた -結果ソースコードを読んだ-

SSHに成功するとSlackに通知するシェルスクリプト

僕は一々面倒なのでSSHに関しては鍵認証でもなければポートは22のままで運用しています。 そうなると毎日のようにSSHのブルートフォースアタックがくるわけですが万が一、ログインされた時に通知されるようにシェルスクリプトを”初めて”書いてみました。     設置の仕方 /home/user/.ssh の中に rc というファイル名で保存して chmod +x rc ね?簡単でしょ? Qiitaにも似たようなのがあるけどあれはログイン時に文字列が出力されちゃってるし、見た目もこっちのほうがいいでしょ?♥