Slack

Slackにネイティブアプリのエンジニアに優しいBOTを作ってみた

皆さんSlack使ってますよね。 今じゃIT企業以外にもSlackが導入されてて日本への浸透も広がってきたと思います。   背景 今は趣味で色々やってるんですが、開発したAPIを叩くiOSエンジニアに 「最近のアクセスログが欲しい」 「エラーログ見せて欲しい」 等、色々と言われます。 ネイティブアプリのエンジニアはそもそもサーバーにログインする習慣がないので SSHのアクセス権限等を付与してあげてもインフラに関する知識や、覚えることが増えるので 直接聞いてきます。 これを解決するためにSlackのBOTがやるようにすればお互い楽なんじゃね?と思い、 作ってみた結果良かったのでチラ裏程度にご紹介です。   Buri Bot できることは ・APIサーバーのアクセスログを返す ・APIサーバーのエラーログを返す ・DBのテーブルを全て空にする ・DBのテーブル レコードを返す と言った、必要最低限のものを実装しました。   アクセスログを見る とりあえず最新の3件だけ   エラーログを見る エラーログはとりあえずの最新の1件だけ   テーブルを全部空にする APIを叩きすぎてぐちゃぐちゃになったテーブルをリセットするには とても便利。   テーブルの中身を見る GetRecord <テーブル名> <環境(stg|dev)> where <カラム> <値>みたいな感じで見る。 レコード数が多いとどうなるか分からない(文字制限が分からない)のでとりあえずwnereで規制しました。   結果 文字化けしててよく分からないけど便利だってことは分かりました。

Huawei FITを買ってみたよ #Huawei #HuaweiFIT

2週間程前にHuaweiから発売されている低価格なHuawei FITを買ってみました。 購入してから時間が経ったのでレビューしてみようと思います。   Huawei FIT とは 価格は15,000円前後という安価な価格なのにも関わらず Pebbleのような安っぽさもないスマートウォッチです。   詳しい機能やスペックは公式サイトへ     外観 Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO800) 今回購入したのは Huawei FIT/TITANUM グレー/ブラック です。 Amazonで15,498円でした。 今まで Pebble 2 + HR を持っていたのですが色合いと見た目の安っぽさに嫌気をさして 速攻で売ってしまいました…。 Pebble2 + HRが届いたのでレビューしてみる #pebble #pebble2     ちなみに初期設定は起動時にQRコードが表示されるのでそれを読み取ると Play ストアが開くのでそこでアプリをインストールします。 あとはアプリの指示に従うだけで使えるようになります。   Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/20 sec, ISO1000) 充電の仕方はスタンドに乗せる感じです。 充電スタンドがマグネットになっていて割りと強力なので テーブルの横にくっつけて Huawei FIT を充電してますが一回も落ちたことがないです。     機能 僕が買った理由は通知を受け取りたいのと、時計として使いたいだけで フィットネスに関することはあまり追求しません。   アプリ Huawei FIT アプリのトップはこんな感じになってます。 各セクションをタップすると詳細画面が開けます。     通知機能 通知のON/OFFは Huawei FIT のアプリからアプリごとにON/OFFができます。 Twitter, LINEはもちろん、Slackも通知することができました。   ヘルスの確認 バージョンアップで別途 ヘルス アプリから見るように変更になりました。   各セクションをタップすることで詳細情報を確認することができます。     まとめ Huawei FIT の良いとこ 価格が安いのに見た目が良い 通知機能もしっかりしている 充電の仕方もスマート 充電の持ちがいい(10日とか普通に持つ) ディスプレイは常時点灯で便利 手首をひねると今までの通知が見れるよ(バックライトもつくよ) 時間指定で通知をOFFにできる 睡眠の精度は割りと良い バンドの交換もできるよ 種類は少ないけどウォッチフェイスも変えられるよ   Huawei FIT の悪いとこ 通知があった後に手首をひねると時刻じゃなくて通知内容が表示されちゃう バイブレーションの種類は1つだけ 常時点灯じゃなかったらもっとバッテリー持つんじゃね? 15,000円の価格でこれなら買ったほうが良いと思います。  

SSHに成功するとSlackに通知するシェルスクリプト

僕は一々面倒なのでSSHに関しては鍵認証でもなければポートは22のままで運用しています。 そうなると毎日のようにSSHのブルートフォースアタックがくるわけですが万が一、ログインされた時に通知されるようにシェルスクリプトを”初めて”書いてみました。     設置の仕方 /home/user/.ssh の中に rc というファイル名で保存して chmod +x rc ね?簡単でしょ? Qiitaにも似たようなのがあるけどあれはログイン時に文字列が出力されちゃってるし、見た目もこっちのほうがいいでしょ?♥