NZXT H440

PCケース買い替えたんだけど割りと良いケースでステマしたい「NZXT H440」 + 「ASUS Maximus VII RANGER」

Pentium G3258 とマザーボードから外れないCPUクーラー、PCケース諸々売却することになったので PCケース買った。   SONY SLT-A65V (20mm, f/2.8, 1/30 sec, ISO400)NZXT H440 ドライブベイ 5.25インチ を一切積んでいない面白い画期的なケース。 値段もAmazonで13,000円くらいだった。 白い、全面パネルはH440みたいな板一枚みたいな感じを探してて Fractal Design Define Define R5 white と迷ったけどこのケース天面のパネルが外せるタイプで 切り込みも見えるし色も統一感ないしで捨てた。 公式サイト       SONY SLT-A65V (16mm, f/2.8, 1/50 sec, ISO400)今回は左側の足元に置くのでUSBポートは右側にあるととても便利。 白と黒が基調になっていてとても良い。見難いけど電源ボタンの上の小さなボタンがリセットボタンになってる。     SONY SLT-A65V (35mm, f/2.8, 1/50 sec, ISO400)価格相応の造りのせいかサイドパネルのネジを外そうとすると 塗装が剥げたりちょっと力が必要だったりまっすぐ入ってなかった感。 まあ目に見えるようなとこじゃないので無問題。     SONY SLT-A65V (16mm, f/2.8, 1/50 sec, ISO400)中も白で塗装されていてホコリが目立たのは良い。 電源が隠せるようになっていて見た目気にするような人はこういう構造はありがてえ~。     SONY SLT-A65V (16mm, f/2.8, 1/50 sec, ISO400)HDD類 3.5インチを搭載する部分はこっち側のサイドからでなく 逆から搭載していくタイプ。真正面からみてもHDDが見えないのも良い。良いしか言ってない。先述した通り5.25インチは搭載出来ません。 DVDドライブなんて必要なときに外付けにすればいいし。     SONY SLT-A65V (16mm, f/2.8, 1/50 sec, ISO400)HDDはこちら側から。 両端のネジを外して土台にHDDを載せて裏からネジ留するタイプ。 裏配線のケーブルホールが多くて組みやすそうな感じ。     SONY SLT-A65V (26mm, f/2.8, 1/50 sec, ISO400)ペリフェラル4pinからファンを最大11個動かせます。 電力不足で風量が少なくなるようなことはないですが回転速度を落としたくても落とせないの難点ですがこれはしょうがないっちゃしょうがない。     デフォルトからあんなにファンが接続されているのは標準搭載で フロント3連ファンが搭載されていて、リアにも1個、LED関連で何個かで既に6個埋まってます。 最初から搭載されてるのは何気嬉しい。この価格帯で。     SONY SLT-A65V (16mm, f/2.8, 1/50 sec, ISO400)そして何気嬉しいのがATX用に既にスペンサーが留まってた。 NZXT臭いケースしか出さないのに割りといいやん・・・と独り言言った午前2時。     SONY SLT-A65V (16mm, f/2.8, 1/50 sec, ISO400)2.5インチ HDD/SSD は底面に設置出来ます。 ネジを外してプレートにSSDを固定してスロットインしてネジ締めるタイプ。 ケーブルホールも考えられてきちんと右にも奥にも設けられています。  …