Bluetooth

Ankerの完全ワイヤレスイヤホンが結構良い「Anker Zolo Liberty」

久々にレビュー記事でも書こうと思います。 先日、25日に布袋寅泰の Paradox Live Tour in 横浜アリーナに行ってきました。 最新アルバムを聴いていなかったので電車の中で予習してから行こうと思い、年に数回しか使わない SENNHEISER IE80 を家の中で探すも見つからず。 TSUTAYA で 1,000円程度のイヤホンを買ったのですがせっかくならということで イヤホンを買ってみました。という話。   Anker Zolo Liberty SC-02J (4.25mm, f/1.7, 1/28 sec, ISO200)Amazonで 7,999円でした。今は在庫切れですけど。   SC-02J (4.25mm, f/1.7, 1/33 sec, ISO200)対応コーディックは AAC, SBC のみの対応となっており aptX には非対応です。 価格帯を考えれば仕方ないですね。音質重視で買う価格帯の Bluetooth イヤホンではないですが、音質の面でも aptX は優位なので聴ければいいって感じのスペックです。   SC-02J (4.25mm, f/1.7, 1/33 sec, ISO200)内容物 ・本体 ・ケース(バッテリー内蔵) ・イヤーチップとか色々セット ・紙 ・USBケーブル ケースは microUSB で給電するタイプですが、充電器自体は付属しません。PCからの電力でも充分です。   SC-02J (4.25mm, f/1.7, 1/20 sec, ISO250)充電方法は、載せるだけでイヤホンの LED が光るので分かりやすいです。 イヤホン本体が満充電、ケースも満充電で最大24時間の再生ができるらしいです。   SC-02J (4.25mm, f/1.7, 1/33 sec, ISO250)ケースは microUSB 充電です。コネクタが壊れるのが怖いのでマグネット式のものを挿し込んでます。   SC-02J (4.25mm, f/1.7, 1/25 sec, ISO200)充電するのもマグネットでカチッなので壊れる心配もなければ、でかけるときもケース本体を引っ張れば勝手に USBケーブルも外れるので大変便利です。   接続について ケースから取り出すと、ペアリング開始です。 特筆する点もありません。 再接続等はとても便利で、ケースからイヤホンを取り出すと勝手に Android とペアリングしてくれます。もちろん Android 側は常時 Bluetooth を ON にする必要性が有りますが。   音質 フラットに近いようで低音が少し持ち上げられてる感じがします。 高音域も出ないわけじゃなく、普通に出ますが低音域が強くてあんまり出てこれてないような。 篭ってる間は無いんですけどね。 音場もそこそこあって、定位もしっかりしてます。解像度は高くはありませんが 2,3万円台のヘッドホンや、イヤホンにあるような解像度が高いくせに音に纏まりがないような感じがなくて聴き疲れは無さそう。 結構好みの音で驚きです。僕はオーテクの音が好きなので、オーテクの音が好きな人は大体好きな音だと思います。 クラシックや、オーケストラ、声が高音域で綺麗なアーティストの曲には向いておらず、ロックやEDMとかが合うイヤホンだと思います。   音切れについて 外出中に使ってみましたが音切れも無くて良い。新宿とか行ってみたけど大丈夫だった。 その時、スマホはポケットに入れてました。   装着感 IE80 時代に色々とイヤーチップを試してきたんですけどバッチリ合うイヤーチップに辿り着けませんでしたが、何とこれにはビックリ。ジャストフィット…😊 付属されてるイヤーチップとか、よく分かんないのもあるのでお好みのを着けたら良いと思います。   マイクの音質について まあ音質は悪いです。 録音したものを…

6万円するBluetoothヘッドホン オーディオテクニカ「ATH-DSR9BT」を買ってみた

成績表が返ってきました。 3年生後期は落とした数理系の単位を取得したのですが 僕の学科には無関係(選択)の科目を取ったため無駄な単位となりました。 本来だったら4年生になる頃には卒検だけだったんですけどね。   前置きはこの辺にしておいてBluetoothヘッドホンを買いました。 オーディオテクニカの ATH-DSR9BT です。 年末辺りに発売された製品で新商品であり、下位モデルとして ATH-DSR7BT があります。 今回はヨドバシのポイントが結構あったため ATH-DSR9BT を買ってみました。     外観 Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO500) 一応持ち運び用のケースは付属されていますがヘッドホン自体がでかいため 持ち運びに向いてない印象。     Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO800) 価格が6万円近いだけあって外観はとても見ていて気持ちいい? ハウジング部分はアルミニウムにネジ留めがされています。   左側 Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/20 sec, ISO800) microUSB メス(充電・PCと有線接続としても使える)(本当はカバーがあるのですが切れちゃった) ボリュームコントロール タッチ式のミュージックコントロール(?) このタッチ部分を1タップするとバッテリーの状況 2タップすると現在のコーデック(SBC,atpx,aptx HD)とか。     右側 Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/20 sec, ISO800) Bluetooth ON/OFF スイッチ のみです。 PCとUSBで有線接続するときはここがOFFでも接続されます。       Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/20 sec, ISO1250) この記事で使ってるカメラがそこら辺のコンデジなのでいわゆる高級感を 伝えるのは難しいのですがアルミニウムにネジ留されたハウジングはめっちゃかっこいいです。     充電の仕方 ATH-DSR9BT は冒頭で言った通り microUSB を使って充電するのですが Android スマートフォンのときでもそうでしたが割りと貧弱すぎる(オスもメスも)ので microUSB を使って安全な充電方法を試してみました。   Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO400) やり方はたくさんあるのですが今回は docomoの充電アダプタの変換コネクタを使用してみました。     Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO320) そのままだとヘッドホン側と干渉してしまうのでコネクタ部分をカッターで取り除きます。 こうすることで…

Miix2 8 用にBluetoothキーボードを買ってみたら以外に良かった「ELECOM Bluetoothキーボード Windows・Android対応 9台切替 86キー ブラック TK-FBP069BK」

寒い季節、女子高生が冬の風物詩ですね。 Miix2 8 を買ったもののキーボードがないと話が始まらないので適当に買ってみた。     Amazonで3,800円 Windows と Android を切り替えられるらしい。     裏面 最大9台も使うことはないけどあれば便利。 OSの切り替えとかも Modeキー を押すだけで切り替えられる。     指紋がつきにくい! これは大きい。 自分や他の人のキーボードを見てるとキーボードがテカってるのが分かる。 これが自分的にはよろしくなくてテカリとかあると触れなくなるから良さ。     外観 付属品 ・乾電池 ・本体 開けたときからうまく色々ハマっておらずキーボード全体を上から押さえつけてハメた。 不良品かと思った。     真横から 横からも見て分かるようになんかうまくハマっておらず。 底面にはゴムがあるので使っていてズレていくというのはない     のせてみた 図としてはアリなのかな。 縦画面バージョンの画像を撮り忘れた。     63°バージョン     75°バージョン 使っていても大きな差を感じられないので好みだと思います。 ケースを取り付けた際に挟まらないってことが無くなるのでこの角度調整機能は便利だと思います。     使ってみた感想 キーボードとスタンド部分の接合部分は固定出来ないのでそのままキーボードを持ち上げると 端末がそのまま落ちます。 なので場所が不安定な電車の中で使うのは難しいと感じた。 肝心の打感はとてもよくてしっかり押してる感じがある。 右下に集中してる ,./\ は小さく作られているので慣れるまで時間がかかった。 マイナスするほどのマイナス要素もなく、打感もいいのでおすすめのタブレット向けなBluetoothキーボードだと思います。      

Bluetooth対応マウス『ELECOM M-BT12BRBU』を買ってみた

荷物は増えるもののノートパソコンのパッドだと苦痛なので買ってみました。