ATH-DSR9BT

6万円するBluetoothヘッドホン オーディオテクニカ「ATH-DSR9BT」を買ってみた

成績表が返ってきました。 3年生後期は落とした数理系の単位を取得したのですが 僕の学科には無関係(選択)の科目を取ったため無駄な単位となりました。 本来だったら4年生になる頃には卒検だけだったんですけどね。   前置きはこの辺にしておいてBluetoothヘッドホンを買いました。 オーディオテクニカの ATH-DSR9BT です。 年末辺りに発売された製品で新商品であり、下位モデルとして ATH-DSR7BT があります。 今回はヨドバシのポイントが結構あったため ATH-DSR9BT を買ってみました。     外観 Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO500) 一応持ち運び用のケースは付属されていますがヘッドホン自体がでかいため 持ち運びに向いてない印象。     Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO800) 価格が6万円近いだけあって外観はとても見ていて気持ちいい? ハウジング部分はアルミニウムにネジ留めがされています。   左側 Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/20 sec, ISO800) microUSB メス(充電・PCと有線接続としても使える)(本当はカバーがあるのですが切れちゃった) ボリュームコントロール タッチ式のミュージックコントロール(?) このタッチ部分を1タップするとバッテリーの状況 2タップすると現在のコーデック(SBC,atpx,aptx HD)とか。     右側 Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/20 sec, ISO800) Bluetooth ON/OFF スイッチ のみです。 PCとUSBで有線接続するときはここがOFFでも接続されます。       Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/20 sec, ISO1250) この記事で使ってるカメラがそこら辺のコンデジなのでいわゆる高級感を 伝えるのは難しいのですがアルミニウムにネジ留されたハウジングはめっちゃかっこいいです。     充電の仕方 ATH-DSR9BT は冒頭で言った通り microUSB を使って充電するのですが Android スマートフォンのときでもそうでしたが割りと貧弱すぎる(オスもメスも)ので microUSB を使って安全な充電方法を試してみました。   Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO400) やり方はたくさんあるのですが今回は docomoの充電アダプタの変換コネクタを使用してみました。     Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO320) そのままだとヘッドホン側と干渉してしまうのでコネクタ部分をカッターで取り除きます。 こうすることで…