比較

MacBook 2016 m7 から MacBook Pro 2017 2.3GHz に買い替えた

今日は湿度が高くて過ごしにくい日でしたね。 肌とか髪とかベタベタして気持ち悪かったです。   買い替えた理由 家でも LINUX ライクな環境が使いたくて MacBook 2016 m7 モデルを使っていたけど 動画を見ながら作業をするときにたまたま動画が 4k とかだと作業がモタつくことがあったので 買い替えすることにしました。     MacBook Pro 2017 13インチ 2.3GHz/8GB/256GB にした理由 MacBook 2016 m7 は CPU だけは実質最上位モデルだったので もう MacBook を選ぶ必要性はなかったので MacBook Pro にしようと思った。 CPU CPU に関しては流石に Core M と i5 じゃ結構の差はあるだろうと、 ベンチマークサイトを見ても結構いい感じに差があったので CPU はカスタマイズしなかった。 メモリ 基本的にターミナルとIDE、Slackしか起動しないので メモリは8GBで足りるだろうと。MacBook を使っていてもメモリに不満はありませんでした。 SSD 128GB を選ぶ必要性無くね?そんな無理して生活したくなくね? MacBook で 128GB は分かるけど MacBook Pro 使って 128GB って何したいの?って感じです。     開封 初めて Apple Store で買いました。 いい感じのギャルっぽい店員さんでした。 Apple Care無し+学割で \170,000 でした。   スペックはこんな感じです。   今回はグレー MacBook と較べて大分大きく、重くなりました。   Thunderbolt 3 は 2ポートしかありません。 13インチ + TouchBar 付きからだと 4ポート になるのかな? あとは15インチ 2ポートもあれば十分っす!     Macの移行は恐ろしく楽 同じネットワークに居ればケーブル要らずで移行できます。 一部アプリの設定が初期化されるけど、iTerm とか IDE(JetBrains系)は平気だった。     MacBook Pro 2017 13インチ 2.3GHz VS MacBook 2016 m7 起動時間比較 以下、参考程度に見てください。 同時に電源ボタンを押して起動してます。 移行後に行ったので起動するプロセス数だったりは大体一緒だと思います。 結構差があるな~     まとめ サーバーサイド|インフラ…

CloudFlareのSSLオプションは遅いのか

CloudFlareって無料で使えて機能も多くてよく使っています。 目玉な機能の1つにSSLが無料で使える機能がありますが ベンチマークを取る機会があったので記事にでもしようと思います。   CloudFlare -> Crypto SSL CloudflareのSSLオプションには3種類あります。 Flexible SSL CloudFlare – Origin server 間は HTTP で通信し、 エンドユーザーと CloudFlare 間は HTTPS で通信する   Full SSL エンドユーザー – CloudFlare 間だけでなく、 CloudFlare – Origin server 間も HTTPS で通信する(オレオレ証明書でOK)   Full SSL (strict) Full SSL と同様 オレオレ証明書ではなく認証局から発行されたきちんとした証明書が必要     ベンチマーク 今回はFull(strict)以外で比較を行います。 DBと連携しているAPIサーバーに対して、 インターネットの向こう側からGo言語で書かれたheyというツールを使って ベンチマークを行います。 CloudFlare の Cache 機能は全て無効の状態です。 https://github.com/rakyll/hey $ hey -n 6000 -c 600 -q 10 -m POST -D ./a.json -T "application/json" -h2 https:// 同時接続数600 &トータル6000リクエスト & 10秒以内 Requests/sec と Response timeの平均を見ていきたいと思います。   HTTP + CloudFlare(Proxied) [crayon-5b4ef9f241ba9612163133/] Requests/sec : 1193.3303 Average: 0.4119 secs   HTTP (No Proxied) [crayon-5b4ef9f241bbc734038515/] Requests/sec : 1269.1202 Average : 0.3751 secs   HTTPS + CloudFlare(Flexible) [crayon-5b4ef9f241bc0887919668/] Requests/sec : 1127.3389 Average : 0.4390 secs   HTTPS + CloudFlare(Full) [crayon-5b4ef9f241bc3117424679/] Requests/sec : 1169.9248 Average…

【追記】Early 2016 Macbook ローズゴールドを買ってみた【後編・レビュー】

※追記 2016/04/28 Macbook 2015 と Macbook 2016 で起動時間を比較してみました。 詳しくは記事をご覧ください。   Macbook Early 2016 ローズゴールドを購入したのでレビューをしたいと思います。 前回の記事はこちら (編集中)Early 2016版 Macbook ローズゴールドを買ってみた【前編・外観】 ※書くのやめました 今回購入したモデルは 256GB の Core m7 モデルです。 比較対象として、Early 2015 の最下位モデルになりますのでご注意ください。     旧Mac から 新Mac への移行が簡単 旧Macbook から 新Macbook への移行は「移行アシスタント」を使うだけ90%ぐらいそのまま引き継げます。 とてつもなく便利なので躊躇することなく移行ができるかと思います。 ケーブルを使うこと無く、同じローカル内のネットワークに接続すれば後は勝手にやってくれます。 1度WiFiで同士を繋いだ後に、P2Pで転送を行っていました。 (iPhoneでの撮影でごめんなさい)   微妙に引き継げてないところも MenuBar Stats というステータスバーにCPU使用率などを表示するアプリはスタートアップがオフになっていたり アプリの設定がデフォルトに戻っていたりするものがありますが、アプリ自体は全て引き継げていました。 その他のアプリはスタートアップがオンとなっていて、引き継げているのでもしかしたらアプリの作り方によって色々あるのかもしれませんね。 念のため移行する前に重要なアプリの設定値を確認しておくか、移行した後に旧Mac側で設定を確認しながら設定し直すっていう方法が良いかもしれません。       Core m7 のターボブースト時には3.1Ghzに到達 今回購入したモデルは Core m7 のCPUは最上位モデルです。 ちなみにこの Macbook Early 2016 に搭載されているCPUは下記の通り  CPUモデル Core m3-6Y30 Core m5-6Y54 Core m7-6Y75 通常時 1.1Ghz 1.2Ghz 1.3Ghz 高負荷時 2.2Ghz 2.7Ghz 3.1Ghz   使用感に関して比較する Macbook Early 2015 に搭載されているCPUは下記の通り  CPUモデル Core M-5Y31 通常時 1.1Ghz 高負荷時 2.4Ghz ちなみにどのCPUも 2コア4スレッド L3キャッシュ 4MB です。     レビュー   電源投入から使用できるようになるまでが早くなった ここはさすがの Core m7 といったところで 高負荷時の3.1Ghzが発揮されているように感じます。 実際に Macbook Early 2016 Core m7モデルを起動し使えるまでの動画を撮影しました。 電源ON時からChromeが立ち上がり使えるように生るまでに35秒程度かかりました。 ちなみに工場出荷状態ではなく、色々スタートアップアプリが入ってたりいつも使用している環境でこの数値です。 クリーンインストール時ではもっと早いです。 全く同じ状況の旧Macbook Early…

Pentium G3258 の限界、「Intel Core i3-4370」に換装した

今までずっと Pentium G3258 を使ってきましたが不満を感じるようになった。   SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/15 sec, ISO800)   不満点 ・2C/2Tのため何かを同時処理するとカクつく。軽いゲームしててもWindows updateが裏で動くと重い。 ・IDEやPhotoshopを起動するときも他の動作が重くなる。 主に2つの要因で換装しようと考えた。     i3-4370 にした理由 Sofmapの中古で16,000円だったから。安かったからね。 21,000円ぐらいで i5-4670 だったかが売ってたけど 4C/4T は必要なのだろうかってことを30分ぐらい悩んだ結果 2C/4T の i3-4370 になった。Sofmap中古たまにめちゃくちゃ安い中古あるから見落とせない。     SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/80 sec, ISO800)マザーボードは完全にG3258の買った ASRock Z87 Extreme6 で フェーズ数とかも多いものを選んだりしたけど今回はオーバークロック出来ないので完全に何かを無駄にしてる感じがする・・・・。     SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/25 sec, ISO800)CPUクーラーに LEPA AquaChanger 240 という安物簡易水冷を使っているのですが 外そうと思ったら一箇所がナット?と一緒に回って取れなくなった…。バックプレート側からペンチで挟んでも負けてしまう^ー^ 死んでくれ 死ね     SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/30 sec, ISO800)こんな感じに回転させて無理やり付け替えた…。 LEPA とかいう糞メーカー使うのはやめましょう。皆様!きちんと外すときも四カ所均等に外しました!辛いです!     結果 割りと成功 ブラウジングしてるときでさえCPU使用率100%になってたりしてたけど今はマシになった。

やっぱり nginx はすごかった!Apache2 でロードテストを行なってみた。

Apache2 → nginx → Apache2←今 と戻って来ました。 普段使用しているとnginxの差なんてないのですが(Apache2の方が安定してる) ベンチマークを取るとやっぱりnginxは強かった!と思う結果に。 Ubuntu+nginxの力はどれほどのものなのか。 ubuntu + apache2 に mod_pagespeed を導入 そしてnginxにした時にも用いた負荷テストで ”LOAD IMPACT”を使用します。 複数同時にどんどんアクセス数を増やしていき アクセス時間を計測します。 nginxの環境では以下の結果に。 緑が同時アクセス数を表し 青色がアクセスにかかった時間を表してます。 アクセス数が増えてもアクセスにかかった時間は一定なのが分かりますね。 今現状のApache2+mod_pagespeedの結果は以下。   nginxよりもぶれ幅が大きく 35同時アクセスからちょっとアクセスに時間がかかってますね。 nginx側にはリバースプロキシと、proxyキャッシュの2つを設定していたので 無論Apache2より高速でした。   サーバー監視ソフトのmuninも アクセス解析のWebalizerも Apache2にしてから正常に動作するようになったのでnginxになることはないと思いますw    

GTX760が不評とか売れないと言ってるけど何でなん?おれGTX760買う予定なんだけど

NIKON D3000 (55mm, f/8, 1/60 sec, ISO100) 現在GTX590を使っていて、やっぱアイドルで70度前後あるとCPUの温度にも影響してきますし オーバークロックも不安定になるので乗り換えようと思ったのです。 とりあえず候補として挙がったのが ・GTX660Ti(中古) ・GTX670(中古) ・GTX760(多分中古) の3つ ベンチマーク的に言うと GTX670>GTX760≒GTX660Ti 消費電力(大きいほうが多) GTX760>GTX670>GTX660Ti 発熱(大きいほうが多) GTX760>GTX670>GTX660Ti 安いほうがいいので ・GTX660Ti ・GTX760 の二択に絞ったのですが メリットが多いGTX660Tiにしようとおもったのですが 数字がおっきいGTX760にすることにします。 というどうでもいい記事 [source 1=”<a” 2=”2="2="href="http://www.4gamer.net/games/216/G021677/20130625069/">GeForce""” 3=”GTX” 4=”760″ 5=”-” 6=”4garmer</a>” language=”:”][/source] [source 1=”<a” 2=”2="2="href="http://www.anandtech.com/show/7103/nvidia-geforce-gtx-760-review">NVIDIA""” 3=”GeForce” 4=”GTX” 5=”760″ 6=”Review:” 7=”The” 8=”New” 9=”Enthusiast” 10=”Kepler</a>” language=”:”][/source] [source 1=”<a” 2=”2="2="href="http://wccftech.com/nvidia-geforce-gtx-760-oc-gaming-performance-unveiled-15-faster-geforce-gtx-660-ti/">NVIDIA""” 3=”GeForce” 4=”GTX” 5=”760″ 6=”OC” 7=”Gaming” 8=”Performance” 9=”Unveiled” 10=”–” 11=”15%” 12=”Faster” 13=”Than” 14=”GeForce” 15=”GTX” 16=”660″ 17=”Ti</a>” language=”:”][/source]