新Macbook

【追記】Early 2016 Macbook ローズゴールドを買ってみた【後編・レビュー】

※追記 2016/04/28 Macbook 2015 と Macbook 2016 で起動時間を比較してみました。 詳しくは記事をご覧ください。   Macbook Early 2016 ローズゴールドを購入したのでレビューをしたいと思います。 前回の記事はこちら (編集中)Early 2016版 Macbook ローズゴールドを買ってみた【前編・外観】 ※書くのやめました 今回購入したモデルは 256GB の Core m7 モデルです。 比較対象として、Early 2015 の最下位モデルになりますのでご注意ください。     旧Mac から 新Mac への移行が簡単 旧Macbook から 新Macbook への移行は「移行アシスタント」を使うだけ90%ぐらいそのまま引き継げます。 とてつもなく便利なので躊躇することなく移行ができるかと思います。 ケーブルを使うこと無く、同じローカル内のネットワークに接続すれば後は勝手にやってくれます。 1度WiFiで同士を繋いだ後に、P2Pで転送を行っていました。 (iPhoneでの撮影でごめんなさい)   微妙に引き継げてないところも MenuBar Stats というステータスバーにCPU使用率などを表示するアプリはスタートアップがオフになっていたり アプリの設定がデフォルトに戻っていたりするものがありますが、アプリ自体は全て引き継げていました。 その他のアプリはスタートアップがオンとなっていて、引き継げているのでもしかしたらアプリの作り方によって色々あるのかもしれませんね。 念のため移行する前に重要なアプリの設定値を確認しておくか、移行した後に旧Mac側で設定を確認しながら設定し直すっていう方法が良いかもしれません。       Core m7 のターボブースト時には3.1Ghzに到達 今回購入したモデルは Core m7 のCPUは最上位モデルです。 ちなみにこの Macbook Early 2016 に搭載されているCPUは下記の通り  CPUモデル Core m3-6Y30 Core m5-6Y54 Core m7-6Y75 通常時 1.1Ghz 1.2Ghz 1.3Ghz 高負荷時 2.2Ghz 2.7Ghz 3.1Ghz   使用感に関して比較する Macbook Early 2015 に搭載されているCPUは下記の通り  CPUモデル Core M-5Y31 通常時 1.1Ghz 高負荷時 2.4Ghz ちなみにどのCPUも 2コア4スレッド L3キャッシュ 4MB です。     レビュー   電源投入から使用できるようになるまでが早くなった ここはさすがの Core m7 といったところで 高負荷時の3.1Ghzが発揮されているように感じます。 実際に Macbook Early 2016 Core m7モデルを起動し使えるまでの動画を撮影しました。 電源ON時からChromeが立ち上がり使えるように生るまでに35秒程度かかりました。 ちなみに工場出荷状態ではなく、色々スタートアップアプリが入ってたりいつも使用している環境でこの数値です。 クリーンインストール時ではもっと早いです。 全く同じ状況の旧Macbook Early…