変換

Lambda+S3+EC2を使用してできるだけ安くリアルタイムwebPエンコードをやってみる

S3にアップロードされる jpg画像をリアルタイムで webP にエンコードしたかったので 色々やってみた。   要件 S3 バケットには毎月1000万枚の2.2MB程度の jpg画像がアップロードされると仮定 これをアプリが引っ張る前にできるだけで速く webP にエンコードする必要性があります。 webP にエンコードする理由としては、画像の容量が小さくなることでユーザーのストレスを無くす、S3 にかかる料金を安くする、CloudFront の料金を安くするため。 ちなみに何でアプリでやらないかというと、iPhone で撮った生の画像を iPhone でエンコードを行うと、アプリがフリーズするぐらい結構重い処理だからです。致し方なし。   ① Lambda だけで全てやってみる S3 にアップロードをトリガーとして Lambda を起動して、Lambda でエンコードから S3 にアップロード、既存の jpg画像を削除を行うと、最小スペックで 22秒という脅威的な数値を叩き出します。 ちなみにメモリの使用量は 108/107MB 程度です。重いなあ… 全ての Lambda スペックで試し、一番安いスペックは 256MB でした。 これでも 11秒です。 256MB 枚数 秒数 課金 1枚辺り実行時間 無料枠 1秒辺り課金額 10000000 110000000 452.028 11 1600000 0.00000417 20000000 220000000 910.728 ちなみにひと月で 10000万枚を捌き切るにはこの Lambda 関数は並列で 42 個、必要になります。 $452 * 42 = 約210万… センキューAWS! これに CloudFront の料金も加算したらとんでもない額ですね。   ② エンコード用のサーバーを用意してみる not EC2 Lambda 関数を2つ用意し、Lambda – webP request(128MB) は Convert Server にある変換用サーバーにリクエストを送り、Convert Server がステータスコード 200 以外を返したときは、Lambda – webP encoder を呼ぶ係、Lambda – webP encoder は Convert Server  に代わってエンコードしてくれます。 Convert Server は Lambda の料金を節約するために、リクエストを受け取った瞬間に 200 を返すようにしています。サーバーにリクエストがくれば途中で天変地異や、タイミングよくサーバーが壊れる、リソース不足以外で、きちんと動作するようなコードであれば対策はできるであろうと思います。 この構成にしたところ、通常時(Lambda – webP encoderが呼ばれない)であれば、課金対象実行時間が 1,500ms となるので、Lambda だけだと { (1.5 * 10000000)…

USBからLANへ『PLANEX UE-100TX-G3』を買ってみた。

前回の記事でLANポートを搭載してないノートパソコンということで 急遽必要になったので購入しました。 13.3インチにしてWQHDのノートパソコン 東芝『dynabook KIRA V832』

MicroUSBからLightningコネクタに変換するアダプタが壊れた。

  今回はぶっ壊れないとか思ってたんですが普通に壊れました。   コネクタケーブル連結部分が無いからって壊れるわけじゃなかった 今回これを購入した理由はコネクタとケーブルの連結部分がないので接触不良は起きない!と思ってたんですが見事にコネクタとボディの部分がぐらぐらになりました。 600円でMicroUSBからLightningへ変換コネクタを買ってみた。   こんな状態なのでiPhoneに挿したら角度をつけないと充電出来ない状態になってしまい。さすがに耐えれないのでまたサードパーティ製のLightningケーブルを購入しました。 またそれは今度。  

600円でMicroUSBからLightningへ変換コネクタを買ってみた。

iPhone 4S (4.28mm, f/2.4, 1/120 sec, ISO80) iPod 30pinコネクタ → Lightningケーブル への変換ケーブルが壊れてしまったため急遽購入いたしました。 前回のiPod 30pinコネクタ → Lightningケーブルは一ヶ月ほどで壊れる NEX-5N (31mm, f/4, 1/100 sec, ISO800) Apple 30pinケーブルからLightningへ変更するサードパーティ製の安物を買ってみたお話 変換コネクタ2つ入りで600円 安物Lightningケーブルにも見られるように今回も2つ入り。一個がぶっ壊れても非常時に対応出来るのはいい点! こんな感じで使用する。必然的にルーターを使用するのでMicroUSB → Lightning の方が利便性が良い。 だたコネクタ部分が長くなるので先端がちょいと不安。 安物Lightningケーブルの壊れる要因はほとんどLightningコネクタとケーブルの付け根の問題なのでこれだとその不安はないのでそこらの安物Lightningケーブルより長く持つかと思います。  

Apple 30pinケーブルからLightningへ変更するサードパーティ製の安物を買ってみたお話

今まで使っていたサードパーティ製の安物Lightningケーブルを踏んでぶっ壊してしまったため 急遽購入に至りました。 同じ物を買ってもよかったのですがおもしろ半分でこんなのを買ってみました。     背景は無視してください。 今も普通に使えていますね~ さて、どれほど持つかが楽しみです。   それと、踏んでぶっ壊したLightningケーブルを分解したのですが 200円とは思えないぐらいきちんと作られていました・・・。 真夜中で、イライラしてたせいもあって画像撮ってないんですけどね・・・。 基盤に黒い絶縁体が貼ってあって、ハンダも綺麗だったし 200円であれはすごかった。 100円Lightningケーブルも近いか!Amazonで送料込み220円のLightningケーブルを買ってみた

標準フォンジャックから、ミニプラグの変換アダプタんあんっ

  接触が悪いので違うのを買ってみました。 Amazonで購入しましたが、届くのに1週間以上かかりますた。