レビュー

OPPO R11s の優秀と言われるカメラ性能は本当に優秀なのか #撮らずにはいられない #OPPOカメラフォン #r11s

OPPO R11s の体験みたいのを申し込んだら当たったのでレビューしてみようと思います。 特徴的なのは「カメラ」だそうです。テスターの際に「#撮らずにはいられない」、「#OPPOカメラフォン」をつけてツイートしてねって言われているぐらいです。 ということで今回はカメラを重点的にレビューしたいと思います。   スペック OS種類 ColorOS 3.2(based on Android7.1) キャリア SIMフリー CPU Snapdragon 660 SDM660 CPUコア数 オクタコア 内蔵メモリ ROM 64GB RAM 4GB インターフェース microUSB 外部メモリ最大容量 256 GB バッテリー容量 3205 mAh(交換不可) 画面サイズ 6.01 インチ 画面解像度 2160×1080  パネル種類  AMOLED  無線LAN規格  802.11 a/b/g/n/ac  背面カメラ画素数  2000 万画素  前面カメラ画素数  2000 万画素  手ブレ補正  –  4K撮影対応  –  耐水・防水機能  –  おサイフケータイ/FeliCa  –  認証機能  指紋/顔認証  デュアルSIM  ○   デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)  –  幅x高さx厚み  75.5×155.1×7.1 mm  重量  153 g 値段 62,510円(2018/03/19)     開封~付属品 SIGMA sd Quattro H (30mm, f/2.8, 1/160 sec, ISO100) シンプルな外箱でかっこいい   SIGMA sd Quattro H (30mm, f/5.6, 1/50 sec, ISO100)紙2枚、SIMピン、透明ケース 製品版でも最初からケースが付属されています。   SIGMA sd Quattro H (30mm, f/5.6, 1/50 sec, ISO100)イヤホン、マイクロUSBケーブル、USB電源   液晶の発色が綺麗 SIGMA sd Quattro H (30mm, f/7.1, 1/30 sec, ISO100)OPPO R11s の液晶タイプが AMOLED…

買わない理由が分からないくらいコスパが最高で軽くて小さい、PENTAX K-70 をレビューしてみる 作例もあるよ

ちょうど半年前に SONY α7II から PENTAX K70 へと交換しました。 フルサイズを使っているときに、「別にこれフルサイズじゃなくても撮れる画像しか撮ってねえ」と思ったのがきっかけです。 PENTAX K-70 にした理由はコスパが良いなと思ったぐらい。 PENTAX のセンサーから出る画像も見ずにただただ K-70 を買いました。 買って大正解なボディでした。 最後に作例も載ってるので見てみてください。   スペック タイプ 一眼レフ 映像素子 APS-C 画素数 2424万画素 ファインダー形式  ペンタプリズム 手ブレ補正  4.5段 防塵・防滴 ○ 幅x高さx奥行き 125.5x93x74 mm 重量  628 g 価格 61,361円(2018/03/13)   メリット1:手ブレ補正 PENTAX K-70 はボディ内手ブレ補正が乗ってます。 オールドレンズと言われる昔の Kマウントレンズが使えたり、 m42 レンズでもボディ内手ブレ補正が発揮される。 Kマウントレンズだけじゃなくて、マウントアダプターを使えば m42 レンズが使えるのが素晴らしい。オールドレンズにはレンズ内手ブレ補正がないので僕が感じるメリットと言えばこの辺。   メリット2:防塵・防滴 この価格とこの重量で防塵・防滴! WR と書かれたレンズは簡易防滴のあるレンズです。 山とか登る人は PENTAX 一択ですね!   メリット3:サイズ、重量もコンパクト これだけの機能があって、コンパクトで軽い!   メリット4:Kマウントレンズに良いのが多い Kマウントレンズって、Eマウントと違って安いんですよ。 の割にいい写りをしてくれるレンズもたくさんあります。 スナップで使えそうな単焦点では HD PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited もうちょい行くと smc PENTAX-DA★ 55mm F1.4 SDM さらにもうちょい行くと smc PENTAX-D FA マクロ 100mm F2.8 WR 中でも FA Limited シリーズのレンズは 2002年発売にも関わらず未だに人気で FA 31mm F1.8 AL Limited となると10万超えます。   デメリット1:ない ない   作例 中でも DFA Macro 100mm 一番大好き 程よい解像度に、程よい柔らかさ。何でも撮れちゃうレンズです。人を撮るならこのレンズが良いと思った。人を撮って思ったけど自分にセンスはないと思ったので今後は動物、植物が増えると思う。 DA★ 55mm は安定した描写で人にも使える感じなのでオールマイティーな中望遠レンズとして最高です。

Ankerの完全ワイヤレスイヤホンが結構良い「Anker Zolo Liberty」

久々にレビュー記事でも書こうと思います。 先日、25日に布袋寅泰の Paradox Live Tour in 横浜アリーナに行ってきました。 最新アルバムを聴いていなかったので電車の中で予習してから行こうと思い、年に数回しか使わない SENNHEISER IE80 を家の中で探すも見つからず。 TSUTAYA で 1,000円程度のイヤホンを買ったのですがせっかくならということで イヤホンを買ってみました。という話。   Anker Zolo Liberty SC-02J (4.25mm, f/1.7, 1/28 sec, ISO200)Amazonで 7,999円でした。今は在庫切れですけど。   SC-02J (4.25mm, f/1.7, 1/33 sec, ISO200)対応コーディックは AAC, SBC のみの対応となっており aptX には非対応です。 価格帯を考えれば仕方ないですね。音質重視で買う価格帯の Bluetooth イヤホンではないですが、音質の面でも aptX は優位なので聴ければいいって感じのスペックです。   SC-02J (4.25mm, f/1.7, 1/33 sec, ISO200)内容物 ・本体 ・ケース(バッテリー内蔵) ・イヤーチップとか色々セット ・紙 ・USBケーブル ケースは microUSB で給電するタイプですが、充電器自体は付属しません。PCからの電力でも充分です。   SC-02J (4.25mm, f/1.7, 1/20 sec, ISO250)充電方法は、載せるだけでイヤホンの LED が光るので分かりやすいです。 イヤホン本体が満充電、ケースも満充電で最大24時間の再生ができるらしいです。   SC-02J (4.25mm, f/1.7, 1/33 sec, ISO250)ケースは microUSB 充電です。コネクタが壊れるのが怖いのでマグネット式のものを挿し込んでます。   SC-02J (4.25mm, f/1.7, 1/25 sec, ISO200)充電するのもマグネットでカチッなので壊れる心配もなければ、でかけるときもケース本体を引っ張れば勝手に USBケーブルも外れるので大変便利です。   接続について ケースから取り出すと、ペアリング開始です。 特筆する点もありません。 再接続等はとても便利で、ケースからイヤホンを取り出すと勝手に Android とペアリングしてくれます。もちろん Android 側は常時 Bluetooth を ON にする必要性が有りますが。   音質 フラットに近いようで低音が少し持ち上げられてる感じがします。 高音域も出ないわけじゃなく、普通に出ますが低音域が強くてあんまり出てこれてないような。 篭ってる間は無いんですけどね。 音場もそこそこあって、定位もしっかりしてます。解像度は高くはありませんが 2,3万円台のヘッドホンや、イヤホンにあるような解像度が高いくせに音に纏まりがないような感じがなくて聴き疲れは無さそう。 結構好みの音で驚きです。僕はオーテクの音が好きなので、オーテクの音が好きな人は大体好きな音だと思います。 クラシックや、オーケストラ、声が高音域で綺麗なアーティストの曲には向いておらず、ロックやEDMとかが合うイヤホンだと思います。   音切れについて 外出中に使ってみましたが音切れも無くて良い。新宿とか行ってみたけど大丈夫だった。 その時、スマホはポケットに入れてました。   装着感 IE80 時代に色々とイヤーチップを試してきたんですけどバッチリ合うイヤーチップに辿り着けませんでしたが、何とこれにはビックリ。ジャストフィット…😊 付属されてるイヤーチップとか、よく分かんないのもあるのでお好みのを着けたら良いと思います。   マイクの音質について まあ音質は悪いです。 録音したものを…

外出先でも障害対応できるように 2in1 タブレットな ASUS T102HA を買ってみた

タイトル通りで外出先でも外出中でも障害対応ができるようにと タブレットを探していたんですけど色々悩んだ結果、20年くらい悩んでしましました。   候補はいっぱいあった ・タブレット ・2in1 ・小さいパソコン (GPD Pocket とか Vaio Pro 11とか) この3つの大きな外枠を決めるのに時間がかかった。 GPD Pocket みたいな小さい画面でFHDでターミナル表示とか フォントサイズを大きくしないといけないとか色々考えたら GPD Pocket である必要性はなくなった。 ちなみにどのOSでもそれなりのターミナルアプリはあるので 正直どのOSでも良かった。   2in1 な Windowsタブレット ASUS T102HA PENTAX Q-S1 (5mm, f/2.8, 1/30 sec, ISO800)これにした理由はないです…中古で30,000円だったから…。 メモリ4GB が載った Atom x5-Z8350 ターミナルぐらいだったら全然余裕だと思います。 T102HA 以外の 2in1 はメモリが 2GB とかだった気がする。   PENTAX Q-S1 (7.7mm, f/3.2, 1/30 sec, ISO800)スタイラスペンが付属してます。     外観 PENTAX Q-S1 (10.3mm, f/3.5, 1/30 sec, ISO800)下部:キーボードと接続する部分   PENTAX Q-S1 (12mm, f/4, 1/30 sec, ISO800)左:USB3.0 イヤホンジャック microHDMI microUSB(充電)   PENTAX Q-S1 (11.6mm, f/4, 1/30 sec, ISO800)上:電源ボタン マイク   PENTAX Q-S1 (5.7mm, f/2.8, 1/30 sec, ISO800)右:ボリュームボタン スピーカー 本体にキックスタンドがあって結構倒せます。 画像撮ってないけど後ろには指紋認証とボタンみたいのがあります。   PENTAX Q-S1 (5mm, f/2.8, 1/30 sec, ISO800)キーボード マグネットが割りと強力なので簡単は外れることはなさそう。   PENTAX Q-S1 (14.9mm, f/4.5, 1/30 sec, ISO800)キーボードはメンブレンな感じでキー自体が割りと高い JISじゃなくてUSが良かったな~   PENTAX Q-S1 (7.5mm, f/3.2, 1/30…

Vultr.com $5 VPS と AWS EC2 t2.micro どっちがオススメか

初めて精神安定剤みたいのを買いました。 今後外出するときは使用してみたいと思います。   背景 会社のHPなどサービスを提供する際に停止してもそこまでクリティカルでないものを 如何に安く運用するかと考えたときにVPSかEC2かで悩んだので色んな観点からまとめようと思った次第です。   EC2以外の選択肢 EC2は思ったほど性能が良くない(と耳にしたことがある)ので クリティカルじゃないものなら敢えてEC2じゃなくて他社のVPSで良いのではと思う 国内のVPSだと さくらインターネット GMO カゴヤ ConoHa 国外だと Vultr.com cloudatcost AlphaRacks とか色々あります。 この中でもVultr.comは安くて安定性も良かったので 今回は Vultr.com $5/m のVPSとEC t2.microを比べてみます。 スペックはどちらも 1Core / 1G です。 月額$2.5で東京リージョンがある激安SSD VPSを契約してWordPressを移行した「Vultr」   スペック EC2 t2.micro Vultr  $5 CPU Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2676 v3 @ 2.40GHz Virtual CPU MEM 1G 1G SSD 8GB (gp2 – EBS) 25GB OS CentOS 7.3.1611 CentOS 7.3.1611 参考 ap-northeast-1a 東京リージョン どちらも CPU/MEM は 1Core/1G です   UnixBench t2.micro – 1回目 [crayon-5b04586c466d6713515576/]   t2.micro – 2回目 [crayon-5b04586c466e5886008517/]   Vultr $5 – 1回目 [crayon-5b04586c466f7837653520/]   Vultr $5 – 2回目 [crayon-5b04586c466fb178345259/]   結果 – UnixBench EC2 t2.micro Vultr $5 1回目 1586.7 1303.6 2回目 871.6 1333.7 1回目は t2.micro が優勢だったけどこれはT2インスタンス特有のバーストです。 クレジット残高が無くなったので2回目は本来の性能(言い方が難しい)になってます UnixBenchって何だかんだCPU寄りの結果だと思ってる(個人的に)ので fioもやってみたいと思います。     fio $ fio -filename=/tmp/test2g -direct=1 -rw=…

自分で撮った写真をFlickrの「Wall Art」で作成してみた

母の日に何がいいかなって考えてたら Flickrの「Wall Art」で愛犬の画像でフォトスタンド(?)を作ってもらう サービスを思いついたので頼んでみました。     Flickrで自分の画像で色々作れる Photo Book 自分の画像で写真集が作れちゃいます。 Canvas Wrap 縁まで印刷された壁掛け・フォトスタンド Photo Mount 縁は印刷されない壁掛け・フォトスタンド     Canvas Wrapで注文してみた 今回はこんな感じで注文してみました。 ・8×10 ・Photo mount ・Premium Lustre 送料込みで$72でした。(Flickr Proなので割引済み)     出来がとても良い 発送は一番安いやつだったので2週間足らずで到着しました。 梱包がちょっと不安な感じでしたが打痕跡などが無くて一安心。 今回使用した画像はRAW現像したものをリサイズせずに そのままアップロードしたお陰かとても綺麗です。   Canvas Wrap なので縁は黒色のままです。 Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO320)   裏面 黒い棒を降ろすとスタンドになって置くことができます。 壁にかける付属品だったり、穴がなかったりするけど よく分かりません。そもそも壁にかけるものではないのかな。     このサービスの良い所 悪いところはありません。 良いところだけ書いときます。   サイズのイメージが湧きやすい サイズを決める際、画像のようにイメージ画像が表示されるので どれぐらいのサイズが良いのかひと目で分かる点がとても良かった。   画像の解像度が小さいとサイズ指定に制限がでる 例えばJPEGでリサイズされた画像(dpiが小さい)だと自動で 20x30がグレーアウトして選択できないようになってます! 恐らく印刷すると滲んちゃったり、モザイクになったりして 出来が悪くなってしまうからだと思います。 このシステム、素晴らしすぎません??   日本語が分からなくても図で説明されているところが多いので 僕みたいな人間でも簡単に注文することができました。

EdgeRouter ER-8を買ってセットアップしてみた

一週間家を出ずに外を出ると体調が優れなくなるので できるだけ昼間は外に出ることが重要なんだなと思います。   EdgeRouter ER-8 とは Ubiquiti Networks 社の製品 EdgeMax シリーズの有線ルーター EdgeRouter シリーズの1つです。 OSには Vyattaベースの EdgeOS というのが載っています。 コマンドもそのまま使えるので分からないこともWeb上で調べれば大体解決できます。 いくつか製品があってグレードがある中で ER-8 は 最上位の ERPro-8 の1個下のグレードです。 ここの Wiki を1回目を通すと良いです。 今回は Amazon.com で購入しました。 送料込みで38,000円でした。   内容物 Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO250) 至ってシンプルで本体とルーターのみです。   外観 Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO200) 全面もシンプルです SFPは搭載しておらず、eth0 – eth7 はGigabitEtherです。   Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO160) 背面はファンが2つ、ミッキー型の電源があるのみ。 どこもかしこもシンプルです。   設置 Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/25 sec, ISO800) 今回は eth0 を PPPoE として eth3 と eth6 のみを使うように。 真ん中にあるスイッチはヒートシンク的な役割。     設定 基本的な設定はWeb上で行えます。 設定はWeb上だけでなく、シリアルコンソール、SSHでも可能です。 今回届いたルーターのファームウェアが古かったので最新のものを当てました。   PPPoE   ファイアウォール 結構事細かく設定できると思います。 設定したポリシーが有効な時間とかまで設定できちゃいます。 すごいね!   ポートフォワーディング ポート開放の部分 ヘアピンNATにも対応してます。   その他の機能 VLAN / OSPF / RIP / SNAT / DNAT / DHCP Server /…

月額$2.5で東京リージョンがある激安SSD VPSを契約してWordPressを移行した「Vultr」

WordPress は脆弱性が多く、その影響も大きいものが有ります。 さすがに自分のサーバーに WordPress を置いとくのは何となく怖いのでVPSを契約した。   Vultr 東京リージョンがあるのにも関わらず月額$2.5から契約できるVPSです。 スペックと料金は公式サイトを見てみてください。 https://www.vultr.com/pricing/ 今回契約したのは最安の 1CPU / 512MB / 20GB(SSD) です。 今開いてるこのサイトはそのVPSで動いています。   UIが直感的で分かりやすい サーバーのリソース状況も「User Graphs」タブから色々見れる。 noVNCも実装されているので万が一SSHができなくなっても安心ですね?   東京リージョンは素晴らしい VPSのスペックは低くても東京リージョン+SSDのお陰かSSHもストレスなく作業できた。 東京リージョンでも価格が変わらない点もとても良い?   デフォルトでプライベートIPがない [crayon-5b04586c46aae527309327/] 管理画面から無料で追加することが可能 パブリックIPは月$2で追加可能(最大2つまで 計3つまで可能?)   弱小WordPressならメモリ512MBでもギリギリ足りる [crayon-5b04586c46aba604751344/] 記事編集中のfree -mです。 いつもは nginx を使うのですが今回は検証も兼ねて Openlitespeed を使っています。 Openlitespeed に関しても次の記事にでもしようかと思います。便利ですよ。 ちなみにメモリ使用率TOP10 [crayon-5b04586c46abc653809610/] mariadbをチューニングしたらもうちょっとはメモリに余裕が生まれそう。 たまにmariadbが落ちて「データベース接続確立エラー」が起こる。   WordPressを動かすVPSを探している人にはオススメ 何かステマっぽいですけど一切ステマじゃないです。 オススメです。 https://www.vultr.com/