タブレット

外出先でも障害対応できるように 2in1 タブレットな ASUS T102HA を買ってみた

タイトル通りで外出先でも外出中でも障害対応ができるようにと タブレットを探していたんですけど色々悩んだ結果、20年くらい悩んでしましました。   候補はいっぱいあった ・タブレット ・2in1 ・小さいパソコン (GPD Pocket とか Vaio Pro 11とか) この3つの大きな外枠を決めるのに時間がかかった。 GPD Pocket みたいな小さい画面でFHDでターミナル表示とか フォントサイズを大きくしないといけないとか色々考えたら GPD Pocket である必要性はなくなった。 ちなみにどのOSでもそれなりのターミナルアプリはあるので 正直どのOSでも良かった。   2in1 な Windowsタブレット ASUS T102HA PENTAX Q-S1 (5mm, f/2.8, 1/30 sec, ISO800)これにした理由はないです…中古で30,000円だったから…。 メモリ4GB が載った Atom x5-Z8350 ターミナルぐらいだったら全然余裕だと思います。 T102HA 以外の 2in1 はメモリが 2GB とかだった気がする。   PENTAX Q-S1 (7.7mm, f/3.2, 1/30 sec, ISO800)スタイラスペンが付属してます。     外観 PENTAX Q-S1 (10.3mm, f/3.5, 1/30 sec, ISO800)下部:キーボードと接続する部分   PENTAX Q-S1 (12mm, f/4, 1/30 sec, ISO800)左:USB3.0 イヤホンジャック microHDMI microUSB(充電)   PENTAX Q-S1 (11.6mm, f/4, 1/30 sec, ISO800)上:電源ボタン マイク   PENTAX Q-S1 (5.7mm, f/2.8, 1/30 sec, ISO800)右:ボリュームボタン スピーカー 本体にキックスタンドがあって結構倒せます。 画像撮ってないけど後ろには指紋認証とボタンみたいのがあります。   PENTAX Q-S1 (5mm, f/2.8, 1/30 sec, ISO800)キーボード マグネットが割りと強力なので簡単は外れることはなさそう。   PENTAX Q-S1 (14.9mm, f/4.5, 1/30 sec, ISO800)キーボードはメンブレンな感じでキー自体が割りと高い JISじゃなくてUSが良かったな~   PENTAX Q-S1 (7.5mm, f/3.2, 1/30…

Miix2 8 用にBluetoothキーボードを買ってみたら以外に良かった「ELECOM Bluetoothキーボード Windows・Android対応 9台切替 86キー ブラック TK-FBP069BK」

寒い季節、女子高生が冬の風物詩ですね。 Miix2 8 を買ったもののキーボードがないと話が始まらないので適当に買ってみた。     Amazonで3,800円 Windows と Android を切り替えられるらしい。     裏面 最大9台も使うことはないけどあれば便利。 OSの切り替えとかも Modeキー を押すだけで切り替えられる。     指紋がつきにくい! これは大きい。 自分や他の人のキーボードを見てるとキーボードがテカってるのが分かる。 これが自分的にはよろしくなくてテカリとかあると触れなくなるから良さ。     外観 付属品 ・乾電池 ・本体 開けたときからうまく色々ハマっておらずキーボード全体を上から押さえつけてハメた。 不良品かと思った。     真横から 横からも見て分かるようになんかうまくハマっておらず。 底面にはゴムがあるので使っていてズレていくというのはない     のせてみた 図としてはアリなのかな。 縦画面バージョンの画像を撮り忘れた。     63°バージョン     75°バージョン 使っていても大きな差を感じられないので好みだと思います。 ケースを取り付けた際に挟まらないってことが無くなるのでこの角度調整機能は便利だと思います。     使ってみた感想 キーボードとスタンド部分の接合部分は固定出来ないのでそのままキーボードを持ち上げると 端末がそのまま落ちます。 なので場所が不安定な電車の中で使うのは難しいと感じた。 肝心の打感はとてもよくてしっかり押してる感じがある。 右下に集中してる ,./\ は小さく作られているので慣れるまで時間がかかった。 マイナスするほどのマイナス要素もなく、打感もいいのでおすすめのタブレット向けなBluetoothキーボードだと思います。      

Windowsタブレット「ASUS VivoTAB Note 8」の microUSB コネクタを直してみようとした

大学へ毎日ノートパソコンを持ち運ぶのは苦痛ではないですが明らかに不必要(スペック的に)でそれなりに荷物がかさばるので買ってみた。 [note] 13.3インチにしてWQHDのノートパソコン 東芝『dynabook KIRA V832』 [/note]   ASUS VivoTAB Note 8 ジャンクで 9,500円 ぐらいでした。 MicroUSBコネクタが破損で認識しないということで「これならおれでも治せるんじゃね?」と思い落札してみたが 学習した。   撮る必要はあるかと聞かれたらない 電源つけてベンチマークでもって思ったけどレビューは色んなとこにあるしね? とりあえず、分解する。   イヤホンジャックのところや、ボリュームボキー辺りからマイナスドライバーみたいのでグイグイやれば パカっと開く。   筐体の半分をバッテリーを占めているのにも関わらず軽快な動作を提供する今の時代すごい…。   ASUS VivoTAB Note 8 の分解画像はそんなになかったので適当に上げていきます。 これはボリュームキーとかそこら辺の部分   MicroUSBコネクタ、イヤホンジャック付近   中央付近       基板が二層になってる!かっこいい!   ということでこの部分を外します。 ネジを3箇所、インカメのフレキシブルケーブルを外せば簡単に外れます。   問題の部分 これを見た瞬間、絶望を見た   パターンごと剥がれてた(最悪の想定があたった) こんな細かい箇所のハンダ付けなんておれの技術量では全くないので組み戻してオークションへ流しました。 (+1,000円の利益)   パターンさえ剥がれてなかったら微レ存…。