ファイルサーバーに使うブートディスクはUSBメモリでも良いのでは感

大学4年生になったら履修する科目は無かったはずなんですが
今年も2年生に混じって微積IIを履修することになりました。

 

動機

今までファイルサーバーには8GB SSDを2つ載せてRAID1で組んでいたのですが
ケース内を圧迫され、HDDを積めなくなるのは嫌だったのでUSBメモリで運用してみました。

 

使用するUSBメモリ


SanDisk Extreme USB3.0 フラッシュメモリー 32GB
型番:SDCZ80-032G-J57

ファイルサーバーとだけで使用するなら8GBでも十分なんですが
PT2/PT3とかMirakurunとか載せる場合は32GBぐらいないとキツイかもしれません。

 

CentOS 7.3.1611をUSBにインストールしてみた

インストール直後はちょっと言い過ぎたんですが
インストール直後にyum updateした後は1.8GBぐらい使用していました。

余裕を持って32GBぐらいにしておくと良いかもしれない。

 

fioでベンチマーク

USBメモリなので関係ないのかな?って思うんですが
non-bufferredです。

Seq Read

bs -> 4k, jobs -> 64

IOPS: 15173

 

Seq Write

bs -> 4k, jobs -> 64

IOPS: 11914

 

Rand Read

bs -> 4k, jobs -> 64

IOPS: 3057

 

Rand Write

bs -> 4k, jobs -> 64

IOPS: 1604

 

まとめ

種類 IOPS スループット(KB/s) スループット(MB/s) レイテンシ
Seq Read 15173 60693 60.7 10msec
Seq Write 11914 47660 47.7 10msec
Rand Read 3057 12231 12.2 50msec
Rand Write 1604 6416.6 6.4 50msec

ファイルサーバーでしか使わないなら必要十分だと思います。

心配性の人はUSBを数本用意してRAIDで運用したら楽しいかもしれません😆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。