Nginx から h2o へ移行して WordPress を動かしてみた。

そういえば DigitalOcean から Azure へ移行しました。
体感速度も上がったと思います。なんといっても vCPU 1コアでしたから前は…。

今回は新たに構築するっていうことで今まで Nginx を使ってきましたが h2o を使ってみました。
h20 – github

h2o は DeNA を筆頭に多くの日本人で開発されてる HTTP Server です。
HTTP/2 に強いっぽい。何と言っても HTTP Server なのに逆にリクエストが送れたりする。

 

h2o のインストール

書くことはありません。こちらを参考にインストールしました。

 

php-fpm のインストール

好きに入れてください。

 

h2o の設定

直感的で分かりやすと思います。

 
php-fpm との連携は

これだけ。シンプルだ。

 

WordPress のパーマリンクは

こんな感じ。

ただ、ログイン時はキャッシュさせないとかパスを見てアクセスコントロールするには mruby とかいうのを使うらしい。
Ruby 分からねえよぉ… ちなみに mruby は ON でビルドしたけどこの設定あってるのか分からねえ。

しかも mruby でキャッシュの設定とかしてなくても勝手に静的コンテンツがキャッシュされてる…。
アクセスコントロールは mruby を使うと柔軟に設定できるわけですが、ちょっとハードルが高いように思う…。

 

SnapCrab_NoName_2016-6-12_22-10-18_No-00

でもまぁ管理画面でヘッダーを見てみるとWordpress側でキャッシュしないようにはなってるっぽいのでここらへんはもう気にしなくてもいいのかな。

ということで設定がよく分からないまま Nginx と比較してみます。

 

h2o + php-fpm

27.64req/sec

 

Nginx(fastcgi_cache) + php-fpm

8485.62req/sec

えぇ…。Nginx の方が 314倍速い!?
https ではなく http です。

画像が多く1アクセスで180reqWordPressです。
なんでこんなに差が大きすぎるんだ…。なんでや…。

とりあえずこのブログは h2o で動かして色々実験します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。