「DELL PowerEdge 2950」のベンチマークをとってみたけどコスパは悪いかもしれない(分かってた)

ファイルサーバーと、その他のサーバーを物理的に別々にしたかったので購入してみた。
デスクトップ型の普通?の自作パソコンとかでもよかったのですが、LGA771のラックサーバーだと4コア、16GBメモリで1万円以内で買えちゃったり。
そんでもって今回購入したのは DELL PowerEdge 2950

[note]
今回の内部、外部レビューはこちら – 部屋にラックサーバーを置いたら家を追い出された。「DELL PowerEdge 2950」を買ってみた。
[/note]

 

スペック

CPU LGA771 2プロセッサまで対応 デュアルコア:Xeon ~ クアッドコア:Xeon まで幅広く。 Xeon X5470
サポートリストにないけど使えるらしい。
MEM 最小(512MB) – 最大(32GB) FBD ECC DDR2 533MHz/667MHz SDRAM 8スロット 16GB
HDD 36GB、73GB、146GB(10,000回転)2.5インチ SASハードディスクドライブ
36GB、73GB(15,000回転)2.5インチ SASハードディスクドライブ
146GB、300GB、400GB(10,000回転)3.5インチ SASハードディスクドライブ
36GB、73GB、146GB、300GB(15,000回転)3.5インチ SASハードディスクドライブ
最大2.4TB ( 6 x SAS 400GB)
3.5インチHDDは最大搭載数6本
2.5インチHDDは最大搭載数8本
80GB、160GB、250GB、500GB、750GB SATA II ハードディスク
最大4.5TB(6 x SATA 750GB)
SAS HDD 146GB *2 RAID0
I/O ポート 背面:シリアルx1、USB 2.0×2、モニタx1、RJ45x2。
前面:USB2.0x2、モニタ
I/O スロット 64ビット/133MHz PCI-X 2本(フルハイトフルレングス)、 PCI Express 1本( x8レーン/x8コネクタ)
PCI Express 2本( x8レーン/x8コネクタ)、PCI Express 1本(x4レーン/x8コネクタ)
ドライブベイ 3種類ハードディスクペイ
2.5インチSASハードディスク専用ペイ最大8台搭載可能
3.5インチSAS、SATAハードディスク専用ペイ最大6台搭載可能
3.5インチSAS、SATAハードディスク専用ペイ最大4台搭載可能
フロッピドライブ専用ベイ、オプティカルドライブ専用ベイ
電源 標準750W x 1 基(専用ファン内蔵)
750W *2 冗長化

※太字が今回の構成

ちなみに 2CPU が異なる場合、周波数が低い方に合わせられるみたい。
メモリと動作は一緒かな。ただ二次キャッシュとかまで変わってくるとどうなってくるか分からない。
Different processors on a dual socket motherboard? – tom’sHARDWARE

オークションでも Xeon X5470 は7,000円はするのでちょっと躊躇する。
そもそも8コアも使うのかって話だけどロマンがあるしね…。

 

ベンチマーク

SnapCrab_NoName_2014-10-16_12-37-38_No-00

PASSMARK によると  LGA1366 Xeon W3520 と同程度
LGA771 なんかより正直 LGA1366 のラックサーバーが欲しかった()

いくつかベンチマークを取ってきた「UnixBench」をやってみた。
今回は CentOS6.5 minimal インストールではなく Debian系の仮想アプライアンスです。素の CentOS とは大違いなので参考には….

 

 

PowerEdge 2950

[source]

4 CPUs in system; running 4 parallel copies of tests

Dhrystone 2 using register variables 128044249.6 lps (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone 15648.9 MWIPS (9.9 s, 7 samples)
Execl Throughput 16286.2 lps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 459287.5 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 133524.5 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 1029008.5 KBps (30.1 s, 2 samples)
Pipe Throughput 6726706.3 lps (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching 1073357.4 lps (10.0 s, 7 samples)
Process Creation 40730.2 lps (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent) 28715.6 lpm (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent) 3937.4 lpm (60.0 s, 2 samples)
System Call Overhead 4131120.9 lps (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values BASELINE RESULT INDEX
Dhrystone 2 using register variables 116700.0 128044249.6 10972.1
Double-Precision Whetstone 55.0 15648.9 2845.2
Execl Throughput 43.0 16286.2 3787.5
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3960.0 459287.5 1159.8
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1655.0 133524.5 806.8
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5800.0 1029008.5 1774.2
Pipe Throughput 12440.0 6726706.3 5407.3
Pipe-based Context Switching 4000.0 1073357.4 2683.4
Process Creation 126.0 40730.2 3232.6
Shell Scripts (1 concurrent) 42.4 28715.6 6772.5
Shell Scripts (8 concurrent) 6.0 3937.4 6562.3
System Call Overhead 15000.0 4131120.9 2754.1
========
System Benchmarks Index Score 3193.9

[/source]

System Benchmarks Index Score 3193.9

 

 

Pentium G2020 の自宅ファイルサーバー(CentOS 6.5 minimal)

[source]
2 CPUs in system; running 2 parallel copies of tests

Dhrystone 2 using register variables 65583298.7 lps (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone 7036.5 MWIPS (9.9 s, 7 samples)
Execl Throughput 11612.7 lps (29.9 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 1332840.0 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 370756.8 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 3320567.9 KBps (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput 3424076.4 lps (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching 743513.9 lps (10.0 s, 7 samples)
Process Creation 30816.9 lps (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent) 12003.6 lpm (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent) 1608.6 lpm (60.1 s, 2 samples)
System Call Overhead 3972440.7 lps (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values BASELINE RESULT INDEX
Dhrystone 2 using register variables 116700.0 65583298.7 5619.8
Double-Precision Whetstone 55.0 7036.5 1279.4
Execl Throughput 43.0 11612.7 2700.6
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3960.0 1332840.0 3365.8
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1655.0 370756.8 2240.2
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5800.0 3320567.9 5725.1
Pipe Throughput 12440.0 3424076.4 2752.5
Pipe-based Context Switching 4000.0 743513.9 1858.8
Process Creation 126.0 30816.9 2445.8
Shell Scripts (1 concurrent) 42.4 12003.6 2831.0
Shell Scripts (8 concurrent) 6.0 1608.6 2680.9
System Call Overhead 15000.0 3972440.7 2648.3
========
System Benchmarks Index Score 2777.5
[/source]

System Benchmarks Index Score 2777.5

 

 

 

結果(前者が PowerEdge 2950 後者が Pentium G2020)

 

Dhrystone 2 using register variables(一秒間で何回処理出来たか的な)

128044249.6 lps / 65583298.7 lps

LGA771の4コアCPUでもさすがに勝てた

 

File Copy 系(各ファイルのファイルを分割して処理)

・1029008.5 KBps / 3320567.9 KBps

今回は”File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks”の結果を。
ストレージ系のベンチマークですが、メモリとCPUのキャッシュ云々で正確には測れない状態。
Pentium G2020はメモリクロックが DDR3-1333, 転送速度10.6GB/s
Xeon X5470はメモリクロックが DDR2-667, 転送速度5.3GB/s
足回り系はさすがに負ける

 

ストレージのベンチマークも測りたかったので hdparm 実行してみた。
比較として家のファイル鯖(Celeron G530, SATA3 500GB)

 

 

PowerEdge 2950

[source]

[email protected]:~/tmp/UnixBench# hdparm -t /dev/sda

/dev/sda:
Timing buffered disk reads: 538 MB in 3.00 seconds = 179.32 MB/sec
[email protected]:~/tmp/UnixBench# hdparm -t /dev/sda1

[/source]

 

Celeron G530(家のファイル鯖)

[source]

[[email protected] ~]# hdparm -t /dev/sda

/dev/sda:
Timing buffered disk reads: 394 MB in 3.01 seconds = 130.80 MB/sec

[/source]

 

結果

3.00 seconds = 179.32 MB/sec / 3.01 seconds = 130.80 MB/sec

RAID0してこの数値
安心安定の SAS ということで見ないことにしとく

 

 

総評

コスパ悪い!
1万円でこの性能だったらまあと思うかもしれないけど常時180Wの消費なので~計算ツール的なのを使うと

1ヶ月あたりの消費電力: 129.6kWh
1ヶ月あたりの電気代※1: 3358円
1ヶ月あたりのCO2(二酸化炭素)排出量※2: 49.25kg
都市ガス25.13m3、またはガソリン21.23リットルを燃焼させた時のCO2排出量と同等です。

http://matome.naver.jp/odai/2137328401909250001

このデータが合ってるなら(ソースが消えてる)暖房つけなければ案外プラマイゼロ?
知りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。