500円パソコン「Raspberry Pi Zero」を使ってみた。【Unixbench】

さて、今回は実際に使ってみた編です。
前回は 「Raspberry Pi Zero」を買ってみた。【外観編】

 

最初にDebian系が苦手なので、RedHat系を使おうと思って調べてみると Raspberry Pi 2 用の CentOS イメージが配布されてる!
と思って早速 microSDカード に焼いて起動してみた。

起動しなかった。

ただ単にARM関係が云々だと思います(多分)
ということで仕方なく raspbian-jessie を使うことにしました。

 

500円と考えればとてもいい

パッケージをインストールする時とか Unpacking が長くてストレスが溜まりますがこれは microSD を変えれば多少は緩和されるのかな。
GUI環境がありますが、バックグラウンドでパッケージのインストールなりしてなければスムーズに動作します。

 

Unixbench

みんな大好き!Unixbench!
ちなみに1,000Mhzにオーバークロック済みです。今のところ不安定になってない。

System Benchmarks Index Score 118.4
Raspberry Pi Model B+ が大体100ぐらいなので少し性能が良いくらいです。
Pi 2 とかだと400を超えます。

次回は Nginx + リバースプロキシ + WordPress でどれぐらい捌けるか試してみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。