nginxの多段リバースプロキシ環境でWordpessをパス指定で振り分ける

目次1 目標2 構成3 設定3.1 最上リバースプロキシ3.2 後段リバースプロキシ3.3 WordPress(docker)側の設定 – wp-config.php4 php-fpm の設定を変更する nginxの多段リバースプロキシを使って、パスによって振り分け先はWordpressにしてみます。 そもそもサブドメインで振り分けるのが設定も複雑にならず、分かりやすくていいんですけどね…。     目標 多段リバースプロキシの環境でパスによって参照するWordpressの乗ったサーバーを振り分ける。 例) http://hoge.com/gallery/docker と http://hoge.com/gallery/docker1 は別なWordpress Dockerfileは下記のものを使いました。 [blogcard url=”https://github.com/eugeneware/docker-wordpress-nginx”][/blogcard]     構成 最上リバプロ : nginx 後段リバプロ : nginx WordPress  : nginx WordPressが乗ってるコンテナはDockerです。docker,docker1,docker2はそれぞれ独立したコンテナです。 また、Wordpress側はローカルでクライアントからIPアドレスだけで開ける状態です。 リクエストパスに /gallery があるものは後段リバプロへ行き /gallery/docker は dockerコンテナへ /gallery/docker1 は docker1コンテナへといった感じです。     設定 WordPressが載ってるNginxから見たリクエストURLには /gallery/docker が含まれるともちろんですが 404 が返ってきます。 しかしWordpressが載ってるコンテナのPHPから見た $_SERVER のREQUEST_URI, SCRIPT_NAME, PHP_SELF に /gallery/dockerが含まれていないとPHP側が返す(作成する)ヘッダには /gallery/docker が含まれないレスポンスURLになってしまい、 ログインはできても管理画面が http://hoge.com/wp-admin となり、/gallery/docker が含まれずそれ以降どこのリンクを押しても 404 となります。     最上リバースプロキシ 最上リバースプロキシは後段リバースプロキシへ /gallery というパスを伝えないといけないので http://docker-reverse-proxy/gallery というリクエストURLで後段リバースプロキシへ。 [crayon-5ade624de262a509927874/]       後段リバースプロキシ リクエストURLが /gallery/docker のものは http://docker へ /gallery/docker1 のものは http://docker1 へと言った感じにします。 また、Wordpress(docker)のNginxがリクエストURLを見たときに /gallery/docker が含まれないようにします。 [crayon-5ade624de2637752981139/] 最上リバースプロキシでは location ディレクティブの後ろに / をつけませんでしたが 後段リバースプロキシでは付与します。 ココらへんの説明は下記のサイトさんが詳しいです。 [blogcard url=”https://www.xmisao.com/2014/05/09/nginx-proxy-pass.html”][/blogcard]     WordPress(docker)側の設定 – wp-config.php 前述した通り、PHPから見た $_SERVER のREQUEST_URI, SCRIPT_NAME, PHP_SELF には /gallery/dockerが含まれていないと 404 になってしまうのでグローバル変数を書き換えます。 … 続きを読む nginxの多段リバースプロキシ環境でWordpessをパス指定で振り分ける