Vultr.com $5 VPS と AWS EC2 t2.micro どっちがオススメか

初めて精神安定剤みたいのを買いました。
今後外出するときは使用してみたいと思います。

 

背景

会社のHPなどサービスを提供する際に停止してもそこまでクリティカルでないものを
如何に安く運用するかと考えたときにVPSかEC2かで悩んだので色んな観点からまとめようと思った次第です。

 

EC2以外の選択肢

EC2は思ったほど性能が良くない(と耳にしたことがある)ので
クリティカルじゃないものなら敢えてEC2じゃなくて他社のVPSで良いのではと思う

国内のVPSだと

  • さくらインターネット
  • GMO
  • カゴヤ
  • ConoHa

国外だと

  • Vultr.com
  • cloudatcost
  • AlphaRacks

とか色々あります。

この中でもVultr.comは安くて安定性も良かったので
今回は Vultr.com $5/m のVPSEC t2.microを比べてみます。
スペックはどちらも 1Core / 1G です。

月額$2.5で東京リージョンがある激安SSD VPSを契約してWordPressを移行した「Vultr」

 

スペック

EC2 t2.micro Vultr  $5
CPU Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2676 v3 @ 2.40GHz Virtual CPU
MEM 1G 1G
SSD 8GB (gp2 – EBS) 25GB
OS CentOS 7.3.1611 CentOS 7.3.1611
参考 ap-northeast-1a 東京リージョン

どちらも CPU/MEM は 1Core/1G です

 

UnixBench

t2.micro – 1回目

 

t2.micro – 2回目

 

Vultr $5 – 1回目

 

Vultr $5 – 2回目

 

結果 – UnixBench

EC2 t2.micro Vultr $5
1回目 1586.7 1303.6
2回目 871.6 1333.7

1回目は t2.micro が優勢だったけどこれはT2インスタンス特有のバーストです。
クレジット残高が無くなったので2回目は本来の性能(言い方が難しい)になってます

UnixBenchって何だかんだCPU寄りの結果だと思ってる(個人的に)ので
fioもやってみたいと思います。

 

 

fio

$ fio -filename=/tmp/test2g -direct=1 -rw= -bs=4k -size=2G -numjobs=64 -runtime=10 -group_reporting -name=file1

non-bufferedです。IOPSだけ載せます。

 

t2.micro

Sequential Read Sequential Write Random Read Random Write
1回目 6331 6645 3364 3182
2回目 5975 6225 3179 3177
3回目 5966 6257 3177 3363

 

Vultr $5

Sequential Read Sequential Write Random Read Random Write
1回目 56636 6889 53056 6995
2回目 57217 5195 55076 7463
3回目 55391 7107 55148 6891

 

結果 – fio

t2.micro はバーストが効いていてこの値です。
圧倒的に Vultr の方がスコアがいいです。

 

 

ネットワーク

ここではHPやLPサイトを乗せるならと前提があるので
今回はレイテンシーに関しては触れないです。というのも面倒くさい。

t2.micro

実測: 62.8Mbps

t2.micro の実測値は詳細に書かれているQiitaがありますので
そちらを御覧ください。
http://qiita.com/saitara/items/882a3e70639637e24a4f

Vultr $5

実測: 848Mbps

たまに2kbpsとかに落ちるらしい。
家の回線は100Mbpsなのでうまいこと試せませんが
いきなり膨大なトラフィックを流すと1分ぐらい規制されちゃうのかな?

 

 

まとめ

EC2 t2.micro をオンデマンドで1ヶ月動かした場合: $0.016 * 720 = $11.5
Vultr.com $5のVPSを1ヶ月動かした場合: $5
EC2側はこれにネットワークトラフィック量も加算されます。
大体2分の1以上、Vultrが安い。

サービスクリティカルじゃないものでAWSの親和性が必要でないものなら
Vultr.com を始めとしたVPSに載せるのは大いにアリだなと思った。

ちなみに、Vultr.com SLA 100% です。

https://www.vultr.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。