【覚書】KVM / Proxmox で PCIパススルー がうまく動かない時に試すこと

仮想サーバーで録画鯖を建てるなら必ず必須なパススルー。
前回の記事でPCIパススルーに必要なことを書いたので覚書として方法でも書いてみる。

 

[bash]
# /etc/default/grub を弄る。
vim /etc/default/grub

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="intel_iommu=on"

 

# grubの変更を適用する
update-grub

 

# 再起動する
reboot

 

# 下記コマンドでIOMMUが有効になってるか確認する
dmesg | grep -e DMAR -e IOMMU

Intel-IOMMU: enabled
# ↑のように表示されればおk

 

# パススルーしたいPCIデバイスの識別番号を確認する
lspci

08:00.0 Multimedia controller: Xilinx Corporation Device 222a (rev 01)

 

#VM設定ファイルにパススルーの記述をする
vim /etc/pve/nodes/proxmox/qemu-server/100.conf

hostpci0: 08:00.0

 

# 起動してみる
[/bash]

 

もしこれでassign出来ませんとか、パーミッションがないよとか言われたら

[bash]
# 新規にファイルを作成する
vim /etc/modprobe.d/kvm.conf

options kvm allow_unsafe_assigned_interrupts=1
[/bash]

これでダメだったら知りません。諦めてください。

 

allow_unsafe_assigned_interrputs が何か調べてもよく分からない
KVMのPCIパススルーではPCIデバイスの再マッピングを必要としているけど、ハードウェア(プラットフォーム)がサポートしない場合は
KVMが必要としている再マッピングチェック機能を無視出来る的な・・・(?)
調べてみるとVT(VT-d)の中の一つの機能でサポートされてるっぽいんだけどなぁ・・・よく分からないです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。