MacBook Pro Mid 2010 を使ってみた。C2Dの割にサクサクでびっくり。

DSC01441学校のMACerな人に借りました!

2010年モデルなのでスペックは古い。

MacBook Pro 13インチ(Mid 2010)

  • CPU:2.40GHz, 2.66GHz/L2 Cache 3MBのIntel Core 2 Duo
  • メモリ:1066MHz DDR3 SDRAM 最大8GB(4GB*2)
  • ディスプレイ:13.3インチ クリアワイドスクリーン(LEDバックライト採用) 解像度1,280×800ピクセル
  • グラフィックスおよびビデオ:256MB DDR3 SDRAM 共有メモリ, NVIDIA GeForce 320M、Mini DisplayPort (HDMIアダプタによる音声出力対応)
  • SDカードスロット:32GB SDHCカード対応(SDIO非対応)[7]
  • ドライブ:250 GBまたは320GB シリアルATA:5400 rpm(BTOにて320GB/500GB:5400rpmのハードディスクまたは128GB/256GB/512GBソリッドステートドライブを選択可)
  • 光学式ドライブ:SuperDrive(DVD±R DL/DVD±RW/CD-RW)

OSは10.8.3と最新のOS X

ざっと使ってみましたが立ち上がりがHDDなので遅いものの
1回立ち上がれば普通にサクサク。

SSDにして8GBにすれば全然戦える気がします。

とりあえずWindows 7をインストールしたいのですが躓いてます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。