【KAGOYA VPS】で名前解決が出来ない場合の対処法 on CentOS6

centos-transparentやっとだ・・・。

ふと、Wordpressのプラグインを追加しようと思ったら
”不明なエラーが発生しました。WordPress.org またはこのサーバーの設定に何か問題が起きている可能性があります。問題が解決しない場合はサポートフォーラムに投稿してみてください。”
と。

WordPressホーム画面の右下のRSS側もエラーが吐いていたので名前解決が出来ないだけかと思って色々調べまくってました。

Adsense

 

結論から言うと、/etc/resolv.conf が書き換わっていました。
なんで書き換わったのか分からず。

KAGOYA の公式サイトのDNS情報を参考にして設定したみた。
もちろん /etc/resolv.conf に記述が追加されたことも確認した。

KAGOYA VPS – DNS情報(ゾーン情報)

[source]ping google.com[/source]

[source]unknown host[/source]

そうこれよく見てみたら
対応プラン 共用サーバー3G/スタンダードプラン/Bプラン| 専用サーバー3G/旧専用サーバー| メールプラン|

えええ・・・じゃあどうすればええんやってことで新たにインスタンスを作成しました。(日割りなので少額で済みます。数十円多分)

[source]view /etc/resolv.conf[/source]

[source]
search kagoya.net
nameserver 153.127.244.5
nameserver 210.134.48.31
nameserver 210.134.55.18
[/source]

ちなみに書き換えられてた後のresolv.conf
[source]
search vir.kagoya.net
[/source]

これに、NetworkManager云々の記述だけです。

もし、KAGOYA VPSで名前解決出来なかった場合は参考にしてみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。