CPUの裏面チップコンデンサは無くても動く!13,000円で買った「Intel Core i7 4770」が動いた

暑い…夏は嫌だけど冬も嫌だ。
春と秋だけで良いと思うんですよね。

今までは「Intel Core i3 4370 2C/4T 3.8Ghz」を使ってきましたが最近Androidのエミュレータを動かすようになってビルドとエミュレータ起動時にパソコンがカクつくようになってしまった。しかも趣味ならともかく学校の実験で使わなければならないっていうのが腑に落ちない。

正直CPUを買うつもりもなくて、適当に友人と秋葉原にいったらそこに宝石が落ちていた。

 

 

DSC05352

ジャンクという名目で 「Intel Core i7 4770」が光ってこちらを見ていた。
ジャンク理由としてはCPU裏面のチップコンデンサが欠損である。

 

 

 

DSC05353

ちなみにこんなにチップコンデンサがぐちゃぐちゃになっていました。
正直動かないと思ってました。

 

 

SnapCrab_CPU-Z _2016-6-27_19-21-24_No-00

動いた。
チップコンデンサは重要であろうとOCとかしなければ充分なんだろう…。

One Reply to “CPUの裏面チップコンデンサは無くても動く!13,000円で買った「Intel Core i7 4770」が動いた”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。