【RADEON】Active対応DVI変換を使わずに手軽に安価に4画面以上にする方法【AMD】

DSC03543こんばんわー!お久しぶりですー!
別に更新をさぼっていたわけじゃないのですが何か更新してなかった!

そんなわけでタイトル通りです!

Adsense

最近は学校から帰ってくるとご飯食べて寝て起きてお風呂入って学校というパソコンをする時間がありません!
決して講義中にブログを更新したりするクズではありません!

本題ですが
AMD RADEONの環境で、miniDPを2つ使って4画面を出力するには miniDP→DVI Active対応の変換アダプタが必要になります。
っで、このActive対応の変換アダプタが5,000円くらいするので中古で「HD5xxx以降」のグラボを買うと安く済みます。

でもまぁPCIEスロット埋まるし、メインはx8で動いちゃうかもしれないし消費電力は増えるしでデメリットの方が多いですが
かけるお金の量は後者の方がいいです。

ということで。

DSC03539っで買ってきたのは「HD5450」

今私がメインで使ってるのが「R9 280X」なのですがこのドライバと互換性あるGPUが「HD5xxx以降」

HD5450を買う前に4870で試したのですが互換性がなくてうまく動作しませんでした。
表示させるだけなら、一枚刺して、ドライバを入れる。違う一枚を刺して既存で挿してるのを外してドライバを入れる。
これで4,5,6画面は表示出来ますがゲームは起動出来ず。

で、いつからR9 280Xになったのかはまた今度。

お互い互換性のあるドライバを使って動かせるグラボを2枚させば多画面行けます!
安価!安価!

RADEONってやっぱり不安定
disるために買いましたがやっぱり不安定!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。