【Data Lifeguard Diagnostic】の物理フォーマットを使用して”不良セクタ”を解消しよう

SnapCrab_NoName_2014-2-12_4-17-38_No-00先日の記事の続きです。

ジャンクでHDDを購入したが不良セクタだらけで使い物にならなかった。【Western Digital WD20EARX】

Adsense

 

”Data Lifeguard Diagnostic”というソフトを使用することで”Write Zeros”(物理フォーマット)、HDDの状態をテストすることが出来ます。
この”Write Zeros”を行うことでもしかしたら不良セクタが無くなる可能性があるので試してみました。

このソフトは”Western Digital”のサイトからダウンロード出来ますし、多分他社製HDDも使えますね多分

SATA2環境でWD20EARX(2TB)のWrite Zeros(FULL ERASE)で8時間ぐらいだった気がします。
そして、Write Zerosをした後の”EXTEND TEST”の結果はこちら。

SnapCrab_NoName_2014-2-13_19-10-51_No-00PASSしましたね。
HDD Regeneratorでも一個も不良セクタが見つからなかったので”一時期的”に治ったと思います。

HDDは何があるか分かりませんからね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。