Chinachu でサーバーの監視をしてみる【Munin】

Chinachu のダッシュボードに新たにサーバー監視を出来るように自分で追加してみる。
線形代数死ね

 

Muninとは

サーバのさまざまな情報をグラフ化して表示するソフトです。
同じようなものにcactiとかZabbixとかがありますが、Muninはとても手軽。
温度監視は出来ませんがlm-sensorsとプラグインを使うことで可能になる。

 

 

Muninとlm-sensorsをインストールする

【Debian系】

[source]
# apt-get install munin
# apt-get install lm-sensors
[/source]

【RedHat系】

[source]
# yum install munin
# yum install lm_sensors
[/source]

【共通】

[source]
//lm sensorsの設定
# sensors-detect //全部Enterでいい

//プラグインを有効にする
# ln -s /usr/share/munin/plugins/sensors_ /etc/munin/plugins/sensors_fan
# ln -s /usr/share/munin/plugins/sensors_ /etc/munin/plugins/sensors_volt
# ln -s /usr/share/munin/plugins/sensors_ /etc/munin/plugins/sensors_temp

//自動起動をonにする
# chkconfig munin-node on //Debian系は忘れた。

//muninのグラフ画像を保存するディレクトリを作る
# mkdir ~/chinachu/web/munin
[/source]

 

muninのグラフ画像をコピーするスクリプトをcronで5分おきに設定

[bash]
#!/bin/bash
LANG=C
PNGDIR=/var/cache/munin/www/localdomain/localhost.localdomain
WEBDIR=$HOME/chinachu/web

cp -f ${PNGDIR}/*-day.png ${WEBDIR}/munin/

exit 0
[/bash]

これをどっかに保存してcronで設定して実行権限を

[source]
chmod u+x munin.sh
[/source]

[source]
# crontab -e
0-59/5 * * * * /home/chinachu/chinachu/web/munin/munin.sh
[/source]

Chinachuのstatus.jsを書き換える

[php]
# vi ~/chinachu/web/page/dashboard/status.js

if (global.chinachu.status.operator.alive === true) {
new sakura.ui.Alert({
title : ‘Munin’,
type : ‘green’,
body : ‘<br clear="all" /><div style="float: left;margin: 5px 0px 0px 5px;"><img src="../munin/cpu-day.png" /></div><div style="float: left;margin: 5px 0px 0px 5px;"><img src="../munin/memory-day.png" /></div><div style="float: left;margin: 5px 0px 0px 5px;"><img src="../munin/sensors_temp-day.png" /></div><br clear="all" />’,
disableClose: true
}).render(this.view.content);

# service chinachu-operator restart
# service chinachu-wui restart //こっちだけでいいと思う
[/php]

こんな感じにすると

 

SnapCrab_NoName_2015-1-24_21-37-14_No-00

こんな感じになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。