スマートフォン

OPPO R11s の優秀と言われるカメラ性能は本当に優秀なのか #撮らずにはいられない #OPPOカメラフォン #r11s

OPPO R11s の体験みたいのを申し込んだら当たったのでレビューしてみようと思います。 特徴的なのは「カメラ」だそうです。テスターの際に「#撮らずにはいられない」、「#OPPOカメラフォン」をつけてツイートしてねって言われているぐらいです。 ということで今回はカメラを重点的にレビューしたいと思います。   スペック OS種類 ColorOS 3.2(based on Android7.1) キャリア SIMフリー CPU Snapdragon 660 SDM660 CPUコア数 オクタコア 内蔵メモリ ROM 64GB RAM 4GB インターフェース microUSB 外部メモリ最大容量 256 GB バッテリー容量 3205 mAh(交換不可) 画面サイズ 6.01 インチ 画面解像度 2160×1080  パネル種類  AMOLED  無線LAN規格  802.11 a/b/g/n/ac  背面カメラ画素数  2000 万画素  前面カメラ画素数  2000 万画素  手ブレ補正  –  4K撮影対応  –  耐水・防水機能  –  おサイフケータイ/FeliCa  –  認証機能  指紋/顔認証  デュアルSIM  ○   デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)  –  幅x高さx厚み  75.5×155.1×7.1 mm  重量  153 g 値段 62,510円(2018/03/19)     開封~付属品 SIGMA sd Quattro H (30mm, f/2.8, 1/160 sec, ISO100) シンプルな外箱でかっこいい   SIGMA sd Quattro H (30mm, f/5.6, 1/50 sec, ISO100)紙2枚、SIMピン、透明ケース 製品版でも最初からケースが付属されています。   SIGMA sd Quattro H (30mm, f/5.6, 1/50 sec, ISO100)イヤホン、マイクロUSBケーブル、USB電源   液晶の発色が綺麗 SIGMA sd Quattro H (30mm, f/7.1, 1/30 sec, ISO100)OPPO R11s の液晶タイプが AMOLED…

iOSを叩くために iPhone 6 買ってみた

ここ最近夏バテか知らないけど朝とか辛い。 テスト重なってるせいのストレスか知らないけど胃酸過多がくる。 病弱アピールじゃありませんワラ   iOS 叩くためにとか書いてますけど普通にiPhoneが欲しかった。 AndroidのSPモードSIMで使いたかったのでdocomo版です。16GB。 オークションで48,000円。高かった。     新しいNexus 5か、現行Nexus 5と迷ったけど違うOSが良かったからこっちにした。 今までメインで使ってたので Xperia Z1 でAndroid4.4だとストレージ関係のセキュリティで不便だ… しかもおサイフケータイは使いたかったので 海外版焼くにもそうにもいかなかった~。     傷はイヤホンジャック部分の欠けぐらいだった。 画面に保護フィルムが貼られていなかったけど傷も無くてよかった。ここの傷とかもケースつけるので妥協点。     カメラ部分凸がでかい…。 裸のままで置くと不安定です。動かすとレンズに負担がかかるのでケース付けないとダメになりそう。     てことでさっそくAmazonでケースとかガラス保護フィルムを買った。 ケータイオタクがよくSpigenって言ってるからSpigenのケース買ってみた。1,900円ぐらい。     スパイダーマンを感じた。 2,000円ぐらいのケースだけあってか安っぽさを感じなくてよかったけどこれよく見たら iPhoen 6 Plus 用じゃん     iPhone 6 用のケースを買い直した。 買い間違えたケース 送料込み1,000円ぐらいで売ります。お声掛け下さい。     Plus版とは違い背面部分は特に細工はされていなかった。   画像じゃ分からないと思うけど厚さ。   裏面はアルミで出来ていて、spigenのロゴが記載されてます。 割りとかっこいい。   装着してみた。 カメラの凸部分よりもケースが出っ張ってるので置いた際にレンズが傷つくのはなさそう。     ガラス保護フィルム HanyeTechのイメージって安物高品質Lightningケーブルのイメージしかなかったけど保護フィルムも出してた。 割りと評価も良かった。Amazonで880円ぐらい。     ディスプレイ部分が湾曲?なんて言うんだっけ そんな加工がされてるので保護フィルムも小さく出来てます。     Xperia Z1がminiUIMだったので miniSIM から nanoSIM がカット出来るカッターも買った。800円くらい。     こんな感じにセットして思いっきり体重をかけると   nanoSIMが出来上がった。 このカッターが届く前にiPhoneが使いたくてMVNOのSIMをハサミで作ったら見事に失敗した;。;     厚さがちょっとあるかなって感じだったけど SIMスロットには入りそうなのでこのまま入れます。     特に設定もいらずに電波を掴みました。 LTEも確認済みです。     今最新のiOS8.4はツールで簡単に脱獄出来るっぽいので 脱獄もしてみた。何事もCydiaがインストールされた。   iPhone 6 まだ使い倒してないけどXperia Z1の170gぐらいと比べるとだいぶ軽いし、動作にもたつきもないので 満足してます。  

「Xperia Z1f SO-02F」のバックカバーを壊して買って飛散防止フィルムを剥がしてガラスフィルムを貼った。

ウェイ 明日から大学だ。 きついのは早起きってのがきつい。   SONY SLT-A65V (30mm, f/2.8, 1/40 sec, ISO800)バックカバーがバリバリに割れたのを買った。 オークションで17,000円でした。 バックカバーは無問題で売ってるので若干の安上がりかもしれない。 と思ってた。     SONY SLT-A65V (30mm, f/2.8, 1/40 sec, ISO800)ひとまずすぐ使いたかったので隠せるように背面フィルムを買った。 色付きのブラックかなっと思った。     SONY SLT-A65V (30mm, f/2.8, 1/40 sec, ISO800)ウェイw     SONY SLT-A65V (30mm, f/3.5, 1/60 sec, ISO800)無問題さんからバックカバーが届いた。 ここまで2,100円 ドライヤー当てながら剥がすのが簡単と書かれていた。     馬鹿だからリアパネルをぶっ壊してた。 本当に頭おかしいと思う。     SONY SLT-A65V (30mm, f/3.5, 1/60 sec, ISO800)リアパネルが届いた。 ここまで合計4,200円 中古美品買っても良かったんじゃないか。     SONY SLT-A65V (30mm, f/3.5, 1/60 sec, ISO800)とこんな感じで換装した。     SONY SLT-A65V (30mm, f/3.5, 1/60 sec, ISO800)おサイフケータイ使う予定だったんだけどなぁ…。     SONY SLT-A65V (30mm, f/3.5, 1/60 sec, ISO800)ピカーン! 完成した。 NFCアンテナみたいの買わないとだめっぽいのでこっちはTwitterオンリーにして~ 今あるZ1は茸7GBのSIMを”おサイフケータイ専用”として使おうと思います。無駄だ。     SONY SLT-A65V (30mm, f/3.5, 1/60 sec, ISO800)ガラスフィルムを買った。 尼で1,300円ぐらいだった。     SONY SLT-A65V (30mm, f/3.5, 1/60 sec, ISO800)貼った! すごい貼りやすいんですねガラスフィルムって。     SONY SLT-A65V (30mm, f/3.5, 1/60 sec, ISO800)マクロレンズってすごい。    …

「R-SIM9」で「iPhone 6 , 6 Plus」の動作出来るっぽい?

「R-SIM9」のサイトに”iPhone 6”の記述がありますが、Youtubeにも検証動画は上がってないので 本当に動作するか分からない状態です。 人柱になってみたい方がいればぜひお願いします。

Android-4.4(KitKat)でカメラで撮影した画像を「ownCloud」を使用して「QuicPic」で管理できるようにしてみた

Android-4.4 からSDカード関連のセキュリティ強化?のためメディア管理アプリで有名な「QuickPic」でカメラで撮影した画像が表示されません。 そんなのを扱えたらいいなあということで考えみたら「ownCloud」というのを見つけました。 「ownCloud」というのは自前で「DropBox」ような環境を構築するオンラインストレージソフトウェアです。 自分のサーバーを持つ必要があるので割りと面倒なのですが、設置したHDDの容量にし大容量契約するより安価に構築でき、通信速度もサーバー側とクライアント側に依存するので 持っていると便利です 構築環境 OS:CentOS 6.x (64bit) PHP:5.4以上 MySQL:5.5.31以上 手順 セキリュティ系の機能をオフにします。 [source] # vi /etc/sysconfig/selinux SELINUX=enforcing を SELINUX=disabled こうする # service iptables stop # chkconfig iptables off [/source]   とりあえず必要な物をインストールしていきます [source] # yum install httpd wget libzip libzip-devel zlib-devel libaio pcre pcre-devel gcc [/source]   CentOS6 ではデフォルトで MySQL5.1 , PHP5.1 がインストールされてしまうので注意 先に MySQL.51 がインストールされていたらアンインストールします [source] # yum remove mysql* [/source]   EPELとREMIのレポジトリを登録 [source] # rpm -ivh <a href="http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm">http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm </a># rpm -ivh<a href="http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm"> http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm</a> [/source]   MySQL のインストール [source] # yum install mysql mysql-devel mysql-server mysql-utilities –enablerepo=remi [/source]   PHP5.4 以前がインストールされていたらアンインストールします [source] # yum remove php* [/source]   PHP5.4 をインストール [source] # yum install php php-devel php-common php-cli php-pear php-xml php-mbstring php-pdo php-cli php-devel php-mysql php-gd –enablerepo=remi [/source]   MySQL の初期設定 [source] # mysql_secure_installation…

Androidスマートフォンのイヤホンジャックにつける物理ボタン「iKey」を買ってみた

Amazonで送料無料240円だったので買ってみました。

「SO-01F」を”Android 4.4.2 root”にする方法【Xperia Z1】

Xperia Z1 SO-01Fを手にしたので4.4.2を焼いてroot化してみました。

何かAndroidのスマートフォンが欲しい。完全に雑記です。

今は禿phone5でGL04PにBIC SIMを刺して使ってる情強。 050も入れて月1000円くらいで運用してます。