レビュー

OPPO R11s の優秀と言われるカメラ性能は本当に優秀なのか #撮らずにはいられない #OPPOカメラフォン #r11s

OPPO R11s の体験みたいのを申し込んだら当たったのでレビューしてみようと思います。 特徴的なのは「カメラ」だそうです。テスターの際に「#撮らずにはいられない」、「#OPPOカメラフォン」をつけてツイートしてねって言われているぐらいです。 ということで今回はカメラを重点的にレビューしたいと思います。   スペック OS種類 ColorOS 3.2(based on Android7.1) キャリア SIMフリー CPU Snapdragon 660 SDM660 CPUコア数 オクタコア 内蔵メモリ ROM 64GB RAM 4GB インターフェース microUSB 外部メモリ最大容量 256 GB バッテリー容量 3205 mAh(交換不可) 画面サイズ 6.01 インチ 画面解像度 2160×1080  パネル種類  AMOLED  無線LAN規格  802.11 a/b/g/n/ac  背面カメラ画素数  2000 万画素  前面カメラ画素数  2000 万画素  手ブレ補正  –  4K撮影対応  –  耐水・防水機能  –  おサイフケータイ/FeliCa  –  認証機能  指紋/顔認証  デュアルSIM  ○   デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)  –  幅x高さx厚み  75.5×155.1×7.1 mm  重量  153 g 値段 62,510円(2018/03/19)     開封~付属品 SIGMA sd Quattro H (30mm, f/2.8, 1/160 sec, ISO100) シンプルな外箱でかっこいい   SIGMA sd Quattro H (30mm, f/5.6, 1/50 sec, ISO100)紙2枚、SIMピン、透明ケース 製品版でも最初からケースが付属されています。   SIGMA sd Quattro H (30mm, f/5.6, 1/50 sec, ISO100)イヤホン、マイクロUSBケーブル、USB電源   液晶の発色が綺麗 SIGMA sd Quattro H (30mm, f/7.1, 1/30 sec, ISO100)OPPO R11s の液晶タイプが AMOLED…

Ankerの完全ワイヤレスイヤホンが結構良い「Anker Zolo Liberty」

久々にレビュー記事でも書こうと思います。 先日、25日に布袋寅泰の Paradox Live Tour in 横浜アリーナに行ってきました。 最新アルバムを聴いていなかったので電車の中で予習してから行こうと思い、年に数回しか使わない SENNHEISER IE80 を家の中で探すも見つからず。 TSUTAYA で 1,000円程度のイヤホンを買ったのですがせっかくならということで イヤホンを買ってみました。という話。   Anker Zolo Liberty SC-02J (4.25mm, f/1.7, 1/28 sec, ISO200)Amazonで 7,999円でした。今は在庫切れですけど。   SC-02J (4.25mm, f/1.7, 1/33 sec, ISO200)対応コーディックは AAC, SBC のみの対応となっており aptX には非対応です。 価格帯を考えれば仕方ないですね。音質重視で買う価格帯の Bluetooth イヤホンではないですが、音質の面でも aptX は優位なので聴ければいいって感じのスペックです。   SC-02J (4.25mm, f/1.7, 1/33 sec, ISO200)内容物 ・本体 ・ケース(バッテリー内蔵) ・イヤーチップとか色々セット ・紙 ・USBケーブル ケースは microUSB で給電するタイプですが、充電器自体は付属しません。PCからの電力でも充分です。   SC-02J (4.25mm, f/1.7, 1/20 sec, ISO250)充電方法は、載せるだけでイヤホンの LED が光るので分かりやすいです。 イヤホン本体が満充電、ケースも満充電で最大24時間の再生ができるらしいです。   SC-02J (4.25mm, f/1.7, 1/33 sec, ISO250)ケースは microUSB 充電です。コネクタが壊れるのが怖いのでマグネット式のものを挿し込んでます。   SC-02J (4.25mm, f/1.7, 1/25 sec, ISO200)充電するのもマグネットでカチッなので壊れる心配もなければ、でかけるときもケース本体を引っ張れば勝手に USBケーブルも外れるので大変便利です。   接続について ケースから取り出すと、ペアリング開始です。 特筆する点もありません。 再接続等はとても便利で、ケースからイヤホンを取り出すと勝手に Android とペアリングしてくれます。もちろん Android 側は常時 Bluetooth を ON にする必要性が有りますが。   音質 フラットに近いようで低音が少し持ち上げられてる感じがします。 高音域も出ないわけじゃなく、普通に出ますが低音域が強くてあんまり出てこれてないような。 篭ってる間は無いんですけどね。 音場もそこそこあって、定位もしっかりしてます。解像度は高くはありませんが 2,3万円台のヘッドホンや、イヤホンにあるような解像度が高いくせに音に纏まりがないような感じがなくて聴き疲れは無さそう。 結構好みの音で驚きです。僕はオーテクの音が好きなので、オーテクの音が好きな人は大体好きな音だと思います。 クラシックや、オーケストラ、声が高音域で綺麗なアーティストの曲には向いておらず、ロックやEDMとかが合うイヤホンだと思います。   音切れについて 外出中に使ってみましたが音切れも無くて良い。新宿とか行ってみたけど大丈夫だった。 その時、スマホはポケットに入れてました。   装着感 IE80 時代に色々とイヤーチップを試してきたんですけどバッチリ合うイヤーチップに辿り着けませんでしたが、何とこれにはビックリ。ジャストフィット…😊 付属されてるイヤーチップとか、よく分かんないのもあるのでお好みのを着けたら良いと思います。   マイクの音質について まあ音質は悪いです。 録音したものを…

外出先でも障害対応できるように 2in1 タブレットな ASUS T102HA を買ってみた

タイトル通りで外出先でも外出中でも障害対応ができるようにと タブレットを探していたんですけど色々悩んだ結果、20年くらい悩んでしましました。   候補はいっぱいあった ・タブレット ・2in1 ・小さいパソコン (GPD Pocket とか Vaio Pro 11とか) この3つの大きな外枠を決めるのに時間がかかった。 GPD Pocket みたいな小さい画面でFHDでターミナル表示とか フォントサイズを大きくしないといけないとか色々考えたら GPD Pocket である必要性はなくなった。 ちなみにどのOSでもそれなりのターミナルアプリはあるので 正直どのOSでも良かった。   2in1 な Windowsタブレット ASUS T102HA PENTAX Q-S1 (5mm, f/2.8, 1/30 sec, ISO800)これにした理由はないです…中古で30,000円だったから…。 メモリ4GB が載った Atom x5-Z8350 ターミナルぐらいだったら全然余裕だと思います。 T102HA 以外の 2in1 はメモリが 2GB とかだった気がする。   PENTAX Q-S1 (7.7mm, f/3.2, 1/30 sec, ISO800)スタイラスペンが付属してます。     外観 PENTAX Q-S1 (10.3mm, f/3.5, 1/30 sec, ISO800)下部:キーボードと接続する部分   PENTAX Q-S1 (12mm, f/4, 1/30 sec, ISO800)左:USB3.0 イヤホンジャック microHDMI microUSB(充電)   PENTAX Q-S1 (11.6mm, f/4, 1/30 sec, ISO800)上:電源ボタン マイク   PENTAX Q-S1 (5.7mm, f/2.8, 1/30 sec, ISO800)右:ボリュームボタン スピーカー 本体にキックスタンドがあって結構倒せます。 画像撮ってないけど後ろには指紋認証とボタンみたいのがあります。   PENTAX Q-S1 (5mm, f/2.8, 1/30 sec, ISO800)キーボード マグネットが割りと強力なので簡単は外れることはなさそう。   PENTAX Q-S1 (14.9mm, f/4.5, 1/30 sec, ISO800)キーボードはメンブレンな感じでキー自体が割りと高い JISじゃなくてUSが良かったな~   PENTAX Q-S1 (7.5mm, f/3.2, 1/30…

MacBook 2016 m7 から MacBook Pro 2017 2.3GHz に買い替えた

今日は湿度が高くて過ごしにくい日でしたね。 肌とか髪とかベタベタして気持ち悪かったです。   買い替えた理由 家でも LINUX ライクな環境が使いたくて MacBook 2016 m7 モデルを使っていたけど 動画を見ながら作業をするときにたまたま動画が 4k とかだと作業がモタつくことがあったので 買い替えすることにしました。     MacBook Pro 2017 13インチ 2.3GHz/8GB/256GB にした理由 MacBook 2016 m7 は CPU だけは実質最上位モデルだったので もう MacBook を選ぶ必要性はなかったので MacBook Pro にしようと思った。 CPU CPU に関しては流石に Core M と i5 じゃ結構の差はあるだろうと、 ベンチマークサイトを見ても結構いい感じに差があったので CPU はカスタマイズしなかった。 メモリ 基本的にターミナルとIDE、Slackしか起動しないので メモリは8GBで足りるだろうと。MacBook を使っていてもメモリに不満はありませんでした。 SSD 128GB を選ぶ必要性無くね?そんな無理して生活したくなくね? MacBook で 128GB は分かるけど MacBook Pro 使って 128GB って何したいの?って感じです。     開封 初めて Apple Store で買いました。 いい感じのギャルっぽい店員さんでした。 Apple Care無し+学割で \170,000 でした。   スペックはこんな感じです。   今回はグレー MacBook と較べて大分大きく、重くなりました。   Thunderbolt 3 は 2ポートしかありません。 13インチ + TouchBar 付きからだと 4ポート になるのかな? あとは15インチ 2ポートもあれば十分っす!     Macの移行は恐ろしく楽 同じネットワークに居ればケーブル要らずで移行できます。 一部アプリの設定が初期化されるけど、iTerm とか IDE(JetBrains系)は平気だった。     MacBook Pro 2017 13インチ 2.3GHz VS MacBook 2016 m7 起動時間比較 以下、参考程度に見てください。 同時に電源ボタンを押して起動してます。 移行後に行ったので起動するプロセス数だったりは大体一緒だと思います。 結構差があるな~     まとめ サーバーサイド|インフラ…

自分で撮った写真をFlickrの「Wall Art」で作成してみた

母の日に何がいいかなって考えてたら Flickrの「Wall Art」で愛犬の画像でフォトスタンド(?)を作ってもらう サービスを思いついたので頼んでみました。     Flickrで自分の画像で色々作れる Photo Book 自分の画像で写真集が作れちゃいます。 Canvas Wrap 縁まで印刷された壁掛け・フォトスタンド Photo Mount 縁は印刷されない壁掛け・フォトスタンド     Canvas Wrapで注文してみた 今回はこんな感じで注文してみました。 ・8×10 ・Photo mount ・Premium Lustre 送料込みで$72でした。(Flickr Proなので割引済み)     出来がとても良い 発送は一番安いやつだったので2週間足らずで到着しました。 梱包がちょっと不安な感じでしたが打痕跡などが無くて一安心。 今回使用した画像はRAW現像したものをリサイズせずに そのままアップロードしたお陰かとても綺麗です。   Canvas Wrap なので縁は黒色のままです。 Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO320)   裏面 黒い棒を降ろすとスタンドになって置くことができます。 壁にかける付属品だったり、穴がなかったりするけど よく分かりません。そもそも壁にかけるものではないのかな。     このサービスの良い所 悪いところはありません。 良いところだけ書いときます。   サイズのイメージが湧きやすい サイズを決める際、画像のようにイメージ画像が表示されるので どれぐらいのサイズが良いのかひと目で分かる点がとても良かった。   画像の解像度が小さいとサイズ指定に制限がでる 例えばJPEGでリサイズされた画像(dpiが小さい)だと自動で 20x30がグレーアウトして選択できないようになってます! 恐らく印刷すると滲んちゃったり、モザイクになったりして 出来が悪くなってしまうからだと思います。 このシステム、素晴らしすぎません??   日本語が分からなくても図で説明されているところが多いので 僕みたいな人間でも簡単に注文することができました。

3,000円で買えるブロワーが結構よかった「E-Value EBL-500V」

技術系ブログではないのでこういった内容も適当に記事にします。 この前、OpenLiteSpeedのスクリプトを使ってアンインストールを行ったら 見事にドキュメントルートもふっ飛ばしてくれました。   Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO800) Amazonで3,000円でブロワーを買ってみた。 パソコンだったりちょっとしたホコリを飛ばしたかったので 安いブロワーをチョイス。     Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO800) Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/20 sec, ISO1000) 付属品は何に使うか全く分からない。 無くても使えそうなので全部捨てちゃいました?   Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/25 sec, ISO800) 価格相応の作りを感じます。 仕方なし。   Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/20 sec, ISO800) 今回はホコリまみれのUSB扇風機をブロワーで飛ばしてみる。   Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/20 sec, ISO1000) 裏面はびっしり。   Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/20 sec, ISO800) 結構取れた! 結構な風圧?風量あった。   Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/20 sec, ISO800) 裏面も割りと綺麗になった。   Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/20 sec, ISO1600) 新品のような綺麗さにはならないけど 価格を考えたら相当いい製品だと思います。

激安3D NANDなNVME SSD「ADATA ASX8000NP-128GM-C」を2台でベンチマークとってみた

ベンチマークを”とる”の漢字ってどれが正しいのか 毎回迷う。 3D NANDでNVME SSDを2つ手にしたので fioを使ってベンチマークを取ってみたいと思います。   構成 Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO100) Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO100) ADATA ASX8000NP-128GM-C ×2(M.2 -> PCIe変換カード) RAIDZ-1(ZFS) Proxmox(Debian) Xeon E5-2650 Memory 32GB 今回はブートディスクではなく、ZFSを使ってRAID1環境です。 RAID0ではないのでご注意ください。   ベンチマーク 今回はWindowsではなくLinux環境なので fioを使ってベンチマークを行いました。 オプションとしてbs=4k, jobs=64となっています。 ※書き込み速度に関してはチューニングをしていないので 信用しないでください。   シーケンシャル リード [crayon-5b2a705dc221b663515872/] IOPS : 701270 bw : 2739.4MB/s   シーケンシャル ライト [crayon-5b2a705dc222b388654330/] IOPS : 258093 bw : 1008.2MB/s   ランダム リード [crayon-5b2a705dc2230877637733/] IOPS : 731567 bw : 2857.8MB/s   ランダム ライト [crayon-5b2a705dc2236356375538/] IOPS : 14872 bw : 59489KB/s   まとめ 種類 IOPS スループット(MB/s) レイテンシ(usec) Seq Read 701270 2739.4 50usec Seq Write 258093 1008.2 100usec Rand Read 731567 2857.8 20usec Rand Write 14872 59.49 50msec ※書き込み速度に関してはチューニングをしていないので 信用しないでください。 書き込み速度に関してはZFSのsyncがenableな状態でとったので 激遅になっています。 購入当時、このSSDは9,000円を切る価格で3D NAND + NVME 1.2が搭載されており コストパフォーマンスが優れているSSDだと思います。 それでも10,000円を切っているのでオススメです。 熱はそこそこ高く、冷却もきちんとしないと サマールスロットリングが発生してしまうので注意が必要です。

EdgeRouter ER-8を買ってセットアップしてみた

一週間家を出ずに外を出ると体調が優れなくなるので できるだけ昼間は外に出ることが重要なんだなと思います。   EdgeRouter ER-8 とは Ubiquiti Networks 社の製品 EdgeMax シリーズの有線ルーター EdgeRouter シリーズの1つです。 OSには Vyattaベースの EdgeOS というのが載っています。 コマンドもそのまま使えるので分からないこともWeb上で調べれば大体解決できます。 いくつか製品があってグレードがある中で ER-8 は 最上位の ERPro-8 の1個下のグレードです。 ここの Wiki を1回目を通すと良いです。 今回は Amazon.com で購入しました。 送料込みで38,000円でした。   内容物 Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO250) 至ってシンプルで本体とルーターのみです。   外観 Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO200) 全面もシンプルです SFPは搭載しておらず、eth0 – eth7 はGigabitEtherです。   Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO160) 背面はファンが2つ、ミッキー型の電源があるのみ。 どこもかしこもシンプルです。   設置 Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/25 sec, ISO800) 今回は eth0 を PPPoE として eth3 と eth6 のみを使うように。 真ん中にあるスイッチはヒートシンク的な役割。     設定 基本的な設定はWeb上で行えます。 設定はWeb上だけでなく、シリアルコンソール、SSHでも可能です。 今回届いたルーターのファームウェアが古かったので最新のものを当てました。   PPPoE   ファイアウォール 結構事細かく設定できると思います。 設定したポリシーが有効な時間とかまで設定できちゃいます。 すごいね!   ポートフォワーディング ポート開放の部分 ヘアピンNATにも対応してます。   その他の機能 VLAN / OSPF / RIP / SNAT / DNAT / DHCP Server /…