周辺機器

史上最高に良い静電容量式キーボード「LEOPOLD FC660C/EG」を買ってみた

  新たにキーボードを買い換えました。 半年前にキーボードを買い換えましたがチャタリングを起こしたり、JISキーボード、黒軸という点で買い換えました。     Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/25 sec, ISO800) 今回は珍しくドスパラで購入しました。本当はAmazonなりで買いたかったんですけどね…。 LEOPOLDというメーカーは韓国の企業なのですが、組み立てを行っているのは東プレです。 たまに、「韓国ガー」と言ってる人がいますがスマホを持たないほうがいいですよ。 21,980円でした。     外観 Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/25 sec, ISO800) 付属品はUSBケーブルのみというシンプルさです。 USBケーブルも決して何か細工がしているわけでもただただ”普通”のUSBケーブルです。 LEOPOLDのキーボードで日本市場に出回っているのは全てUSキーボードなのでご注意を。 HHKBだったり、東プレと迷ったのですがCtrlの位置で決めました。 HHKBだとCapslockの位置にあったり(確か)します。 東プレはちょっとでかいので最初に選択肢から除外しました。     Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/25 sec, ISO800) 外出先で使っているMacbookがUSキーボードでそっちに慣れてしまい家ではJISキーボードだったため少し不満を感じ 今回はUSキーボードを購入しましたがMacbookとは少し配置が異なっているので慣れるまで時間がかかりそうです。 USキーボードの良い点は、なんといっても真ん中右端がプログラムを書くときよく使う記号が集合していることですね。 頻繁に使わない@とかはShift+2になったりしていて無駄がありません。 見た目も渋くてとても良い?     Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO800) 1万円以上のキーボードってよくケーブルマネジメントの溝があって右なり左側にUSBケーブルを出せますが このLEOPOLDのキーボードはありません。なんでやろうか。合ったほうが見た目が良いと思うんだけど。     Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/25 sec, ISO800) 裏面には切り替えスイッチがあるのですがここでキーの割当の変更が可能になります。 スイッチ 番号 変更項目 OFF (初期設定) ON SW1 左Ctrlキー 左Ctrlキー CapsLockキー CapsLockキー CapsLockキー 左Ctrlキー SW2 Windowsキー Windowsキー 左Altキー 左Altキー 左Altキー Windowsキー SW3 Windowsキー Windowsキー Fnキー Fnキー Fnキー Windowsキー SW4 Windowsキー 有効 無効     動画 打鍵感       まとめ Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO200) キーボードが自体がとても小さく作業領域が大きくなりました。 デザインも良く、スイッチも東プレと同じ静電容量式ですので価格なりの効果はとてもあります。…

「Logicool G303」を買ってみた

2年ちょっと Steelseries Kana v2 を使ってました。 つまみ持ちマウスが欲しくて「Steelseries Kana v2」を買ってみた。 汚れてきたため買い替えを検討してて何となくこれを買ってみた。     Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/20 sec, ISO1250) なんといってもこのマウスの特徴は形状がひし形に近く、面白いです。 価格はAmazonで5,400円くらい。     Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/20 sec, ISO1250) サイドボタンは左側に2つ。それ以外はありません。これで充分です。 かぶせ持ち、つまみ持ち、BRZRK持ちどれでもいける感じがします。 ただどの持ち方も最初のうちはサイドボタンの上側が押しにくい。ていうかサイドボタンが押しにくい。 ボタンが小さくて、押した感じも浅くて何だかイマイチですが慣れれば問題はなさそう。 なんでG303にしたかと言うと、リフトオフディスタンスがめちゃくちゃ小さいこと。 Kana v2はリフトオフディスタンスが大きくて大変だった。慣れたけど。 Gロゴと、左右の部分が光りますが正直要らないしその分安くして欲しかった? Kana v2が72gで、G303が132gと60gも重い! Kana v2は軽くて自分の手にめちゃくちゃフィットして良かったんですけどね~ラバー加工のせいで汚れが目立ってしまう。 G303もラバー加工されてるんですけどね。チラ裏でした。

最安WQHD 21:9の「LG 25UM57-P」を買ってみた

チャートを表示したくてFHD以上のモニタが欲しかった。 4kでも良かったけどちょっとお高い? 今回買った「LG 25UM57-P」はWQHDで新品23k程度で21:9の25インチです。 インターフェイスはHDMI *2のみです。   SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/2.8, 1/30 sec, ISO400)メインで使ってるモニタの上に設置したいのでモニタアームも買ってみた。 6kぐらいでした。   SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/2.8, 1/30 sec, ISO400)特に特筆することはないですけど、安いモニタのくせに文字潰れもなく発色も綺麗で割りと満足。 モニタ自体も対して重くないので設置するときも楽でした。   そういえば GNEXさんが開発した Push7 というのに登録してみました。 ブログが更新されるとChromeに通知されるようになります。 右サイドバーの「購読する」をクリックしてもらえれば完了です。

【買ってみた】Century BLACK ROOK CHERRY 黒軸キーボード CK-91CMB-BLJP1

久しぶりにキーボードを買い換えた。 ちょうど1年ぶりぐらい。 東プレ Realforce よりも最高なキーボード【富士通コンポーネント FKB8540-051/W】を買ってみた そういえばハッピーメリークリスマスやな。 東京ミッドタウンでイルミネーション見たり、六本木でクリスマスマーケット行ったり割りと充実した24日だった。 今日は大学の友人とドライブに行く予定だったけどぼくが寝坊したためおれだけ行かなかった。   SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/50 sec, ISO400) Century製 BLACK ROOK CHERRY CK-91CMB-BLJP1 黒軸キーボード です。 ヨドバシカメラで12,000円ぐらいだった。 テンキーレスで日本語配列の、かななしです。 本当は白色でテンキーレスで、US配列が欲しかったんだけどないんだよね。HHKBか、確かリアフォだったら あった気がする。そんなお金は今なかった。     SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/50 sec, ISO400) 付属品は ・本体 ・USBケーブル ・キー引き抜くやつ の2つ。     SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/50 sec, ISO400) 安っぽさはない作りです。金メッキ処理がされていていい感じ。   SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/50 sec, ISO400) LEDが赤と緑が搭載されていて、色を混ぜたり、点滅させたりすることができる。 ソフトウェア依存じゃないのでこの点がとても良い。キーボード本体のメモリに保存される。   SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/50 sec, ISO400) ケーブルの溝はもちろんあって、取り回しも楽です。   SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/50 sec, ISO400) Libertouchとの比較。 テンキーがない分、やはりコンパクト。   SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/50 sec, ISO400) そんな感じのLED ピントが合ってないけど許して WASD ESC Fn 矢印キー と それ以外で色が分けられる。 赤と緑で分けることもできるし、色を混ぜて黄色にすることもできる。 なんなら点滅もできる。   今回は初めての黒軸キーボードでキーが重い。 青、茶、赤で迷ったけど初めて黒軸にしてみた。 そんな感じでメリークリスマス!

新しいMacbook 12インチの極薄シェルカバー買ってみた。「TUNEWEAR eggshell for MacBook 12インチ TUN-BG-000028」

シェルカバーは前にも購入したんですけど下のゴムが取れるし、割りと重かったので違うのを購入してみた。 新しいMacBook 12インチ 2015用のシェルカバー「Mosiso ゴム引き ハード ケース カバー 高品質シェルカバー」を買ってみた     SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/125 sec, ISO400)eggshell て割りと有名なメーカーらしい。 Amazonで3,800円でした。 【日本正規代理店品】TUNEWEAR eggshell for MacBook 12インチ (Early 2015) マットクリア TUN-BG-000028     SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/125 sec, ISO400)早速取り付けた画像になっちゃうんですけど前回購入したものより軽くて材質もいい感じ。 黒くないので手の汗?脂?がついても白いのでそこまで目立たないのが○ 前回のはちょっと切断面が荒かった。     SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/80 sec, ISO400)ゴムも白ではなく黒なので汚れが目立たない点が○ 使ってまだ1ヶ月だけど外れる気配はない。外れたら瞬間接着剤で着ければいいか…。 そんなこんなでオススメです。  

AR570SとRT-AC68Uを使って2つのISPを用途別にわけた。GMO とくとくBBは絶対に契約するな!

AlliedTelesis AR570Sというルーターを買ったんですけど詳しいことはまた別記事にでも書きます。   SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/50 sec, ISO400)真ん中にあるやつです。 中古でCPUファン故障で1万円。安かったです。     初心者なりにがんばって描きました。 Microsoft Office Visio 2016ってので。 タグVLANにしたかったけどIntel NICのWindows 10ドライバーがまだVLAN設定組めないらしくてマルチプルVLAN。 デスクトップにUSB to LANぶっ刺してなんちゃってNIC2枚にしてる。 USBからLANへ『PLANEX UE-100TX-G3』を買ってみた。 これに192.168.20.1/24側にぶっ刺せばSSH出来たり。 本当はRT-AC68Uなんて使わないでAR570Sだけで済ませたかったけど何かうまくいかなった…。 知識ないから仕方ないとこある。     RT-AC68UでPPPoE マルチセッションに、VPNとかスピテスやりまくって高負荷かけまくったけどメモリは80MBしか使ってなかったし CPUも1も2も50%ぐらいしか使ってなくて、家庭向け・ゲーマー向けでも相当リソース余らしてるし金の無駄みたいのも感じる。 なんでAR570Sがデスクトップ側に向いてるかっていうと、Web GUIがないのでポート開放が非常に面倒くさいから。 色々と宝の持ち腐れしててモヤモヤしゅる?   ちなみに今のGMOは遅すぎて計測不可。0.5Mbpsぐらい。 インターリンクに接続変えたらめちゃくちゃ速度出たのでクソなのはGMOでFA。 RT-AC68Uのせいでもないっぽい。   GMO とくとくBBは絶対に契約するな!

アライドテレシス 「CentreCOM Switch GS916M」を買ってみた

CISCOのギガビットスイッチは高いからこれ買った。   SONY SLT-A65V (30mm, f/5.6, 1/80 sec, ISO1600)オークションで1,000円くらい。 ポートは16ポートあって、ギガビット対応で安い~。     SONY SLT-A65V (30mm, f/5.6, 1/80 sec, ISO1600)SFPポートが2個     SONY SLT-A65V (30mm, f/5.6, 1/80 sec, ISO1600)ギガビットポートが16個     SONY SLT-A65V (30mm, f/5.6, 1/80 sec, ISO1600)コンソールポートと色々     SONY SLT-A65V (30mm, f/5.6, 1/80 sec, ISO1600)勉強がてらにVLAN組んだりしてみたいけど必要性がないしな….。     Web GUIが用意されててポート単体で状況確認できたり便利~     SONY SLT-A65V (30mm, f/3.5, 1/60 sec, ISO800)PCCATTCPを使ってスループット [bash] 16777216 bytes in 1.41 real seconds = 91.04 Mbit/sec +++ 16777216 bytes in 1.42 real seconds = 90.08 Mbit/sec +++ 16777216 bytes in 1.42 real seconds = 90.01 Mbit/sec ++ [/bash] ちなみに CISCO Catalyst 2950は [bash] 16777216 bytes in 1.414 real seconds = 90.50 Mbit/sec +++ [/bash] やっぱスイッチごときのポート対ポートぐらいの負荷だと変わらないですね

外付け液晶モニタ「GeChic On-Lap 1302」を買ってみた

Sony SO-01F (4.9mm, f/2, 1/40 sec, ISO160) もうすぐ春休みが終わりますね。 友達を秋葉でご飯を食べに行ったついでに普段行かないBUYMOREに行ってみたところ 定価17kの外付け液晶モニタが3,480円という破格だったので買ってみた。(中古)     Sony SO-01F (4.9mm, f/2, 1/125 sec, ISO100)背景を色々消してるけどお気になさらず^ー^v 付属品はどれも未開封品だった。     Sony SO-01F (4.9mm, f/2, 1/40 sec, ISO100)本体 右下のコントロールパネルはタッチ式で反応はそこそこ良かった。 輝度と色温度ぐらいしか変えられなかったけど。 出力はD-SubかHDMIのどちらかで、USBで給電するタイプ     ケーブルは安っぽくてD-Sub側は両端の固定するネジがついてません…。 USB側もすぐ断線しそう。     これを本体裏側のコネクタに差し込めば終わり。   Sony SO-01F (4.9mm, f/2, 1/40 sec, ISO64)ででーん WXGA(1366×768)なので文字がデカイ、表示量も少ない。 縦にも設置出来て、ノートパソコン天面に何かつけるとデュアルモニター風(?)にも出来ます。 Ultrabookは出来ませんって書いてあった。     Sony SO-01F (4.9mm, f/2, 1/40 sec, ISO100)IPSではないため横から見たら全然見えない…。 定価17kだしね?IPSはないね?     SONY SLT-A65V (30mm, f/8, 1/40 sec, ISO1600)色を何も考えずに買った結果、こうなってしまった。 白は合わないので売ろうと思う…。