MacBook

MacBook 2016 m7 から MacBook Pro 2017 2.3GHz に買い替えた

今日は湿度が高くて過ごしにくい日でしたね。 肌とか髪とかベタベタして気持ち悪かったです。   買い替えた理由 家でも LINUX ライクな環境が使いたくて MacBook 2016 m7 モデルを使っていたけど 動画を見ながら作業をするときにたまたま動画が 4k とかだと作業がモタつくことがあったので 買い替えすることにしました。     MacBook Pro 2017 13インチ 2.3GHz/8GB/256GB にした理由 MacBook 2016 m7 は CPU だけは実質最上位モデルだったので もう MacBook を選ぶ必要性はなかったので MacBook Pro にしようと思った。 CPU CPU に関しては流石に Core M と i5 じゃ結構の差はあるだろうと、 ベンチマークサイトを見ても結構いい感じに差があったので CPU はカスタマイズしなかった。 メモリ 基本的にターミナルとIDE、Slackしか起動しないので メモリは8GBで足りるだろうと。MacBook を使っていてもメモリに不満はありませんでした。 SSD 128GB を選ぶ必要性無くね?そんな無理して生活したくなくね? MacBook で 128GB は分かるけど MacBook Pro 使って 128GB って何したいの?って感じです。     開封 初めて Apple Store で買いました。 いい感じのギャルっぽい店員さんでした。 Apple Care無し+学割で \170,000 でした。   スペックはこんな感じです。   今回はグレー MacBook と較べて大分大きく、重くなりました。   Thunderbolt 3 は 2ポートしかありません。 13インチ + TouchBar 付きからだと 4ポート になるのかな? あとは15インチ 2ポートもあれば十分っす!     Macの移行は恐ろしく楽 同じネットワークに居ればケーブル要らずで移行できます。 一部アプリの設定が初期化されるけど、iTerm とか IDE(JetBrains系)は平気だった。     MacBook Pro 2017 13インチ 2.3GHz VS MacBook 2016 m7 起動時間比較 以下、参考程度に見てください。 同時に電源ボタンを押して起動してます。 移行後に行ったので起動するプロセス数だったりは大体一緒だと思います。 結構差があるな~     まとめ サーバーサイド|インフラ…

【追記】Early 2016 Macbook ローズゴールドを買ってみた【後編・レビュー】

※追記 2016/04/28 Macbook 2015 と Macbook 2016 で起動時間を比較してみました。 詳しくは記事をご覧ください。   Macbook Early 2016 ローズゴールドを購入したのでレビューをしたいと思います。 前回の記事はこちら (編集中)Early 2016版 Macbook ローズゴールドを買ってみた【前編・外観】 ※書くのやめました 今回購入したモデルは 256GB の Core m7 モデルです。 比較対象として、Early 2015 の最下位モデルになりますのでご注意ください。     旧Mac から 新Mac への移行が簡単 旧Macbook から 新Macbook への移行は「移行アシスタント」を使うだけ90%ぐらいそのまま引き継げます。 とてつもなく便利なので躊躇することなく移行ができるかと思います。 ケーブルを使うこと無く、同じローカル内のネットワークに接続すれば後は勝手にやってくれます。 1度WiFiで同士を繋いだ後に、P2Pで転送を行っていました。 (iPhoneでの撮影でごめんなさい)   微妙に引き継げてないところも MenuBar Stats というステータスバーにCPU使用率などを表示するアプリはスタートアップがオフになっていたり アプリの設定がデフォルトに戻っていたりするものがありますが、アプリ自体は全て引き継げていました。 その他のアプリはスタートアップがオンとなっていて、引き継げているのでもしかしたらアプリの作り方によって色々あるのかもしれませんね。 念のため移行する前に重要なアプリの設定値を確認しておくか、移行した後に旧Mac側で設定を確認しながら設定し直すっていう方法が良いかもしれません。       Core m7 のターボブースト時には3.1Ghzに到達 今回購入したモデルは Core m7 のCPUは最上位モデルです。 ちなみにこの Macbook Early 2016 に搭載されているCPUは下記の通り  CPUモデル Core m3-6Y30 Core m5-6Y54 Core m7-6Y75 通常時 1.1Ghz 1.2Ghz 1.3Ghz 高負荷時 2.2Ghz 2.7Ghz 3.1Ghz   使用感に関して比較する Macbook Early 2015 に搭載されているCPUは下記の通り  CPUモデル Core M-5Y31 通常時 1.1Ghz 高負荷時 2.4Ghz ちなみにどのCPUも 2コア4スレッド L3キャッシュ 4MB です。     レビュー   電源投入から使用できるようになるまでが早くなった ここはさすがの Core m7 といったところで 高負荷時の3.1Ghzが発揮されているように感じます。 実際に Macbook Early 2016 Core m7モデルを起動し使えるまでの動画を撮影しました。 電源ON時からChromeが立ち上がり使えるように生るまでに35秒程度かかりました。 ちなみに工場出荷状態ではなく、色々スタートアップアプリが入ってたりいつも使用している環境でこの数値です。 クリーンインストール時ではもっと早いです。 全く同じ状況の旧Macbook Early…

新型Macbook 12で充電しながらもiPhoneを充電する画期的アイテム「PlugBug」

金曜日全休の者です。 ごきげんいかがでしょうか。   SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/125 sec, ISO400)新しいMacbook 12インチはご存知の通り、USB TypeCポートが1つしかないので 充電しながら他の端末を充電することが出来ません。 これ、どうにかならないのか?って調べてたらこんなのを見つけた。   PlugBug SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/40 sec, ISO400)Macbookの充電器って端子部分が取り外せるんですけど そこにUSBポートが搭載されたのに取り替えようというもの。 今回買ったのは前世代ものです。 今市場に出ているのは海外でも使えるタイプですが、出力などは前世代のとは変わりません。(2.1A)     SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/40 sec, ISO400)今回はAmazonの中古で2,500円で購入しました。 赤色で存在感がすごい。     SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/40 sec, ISO400)言わずもがな充電専用です。 出力は2.1Aとまぁ十分です。     SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/40 sec, ISO400)新型Macbook 12インチの充電器です。 今までのより割りとコンパクトになっているので取り付けると不格好さ相当すごいと思います。     SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/40 sec, ISO400)コンパクトになったお陰(せい)で PlugBUgがはみ出してます…。     SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/40 sec, ISO400)後ろから見るとこんな感じ。   SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/40 sec, ISO400)・・・。   SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/2, 1/40 sec, ISO400)と、実際に使ってみると今までより格段に便利になった。 PlugBugを使用する前はMacbookに変換ケーブル噛まして充電してたし… Macbookのバッテリー無かったら充電出来なかったし… 講義中隣の人のノートパソコンのUSBポート借りずに済みました。   と、今回は買って正解な買い物でした。   そういえば、USB PD対応なTypeCケーブルがAnkerから出たっぽいけど探しても見当たらねえ

新しいMacBook用 「Snugg社 MacBook 12 用 ケース」買ってみた

最近涼しいらしいですね。   [note] ・新しいMacBook 12インチ を買って、MacBookとかOSXを批判してみた(笑) ・5,500円もした、新しいMacBook のスキンシール「Spigen スキンシール」を買ってみた ・新しいMacBook用ガラスフィルム「クロスフォレスト Macbook 2015(12inch)用ガラスフィルムラウンドエッジ「CF-GHMB12」を買ってみた ・新しいMacBook 12インチ 2015用のシェルカバー「Mosiso ゴム引き ハード ケース カバー 高品質シェルカバー」を買ってみた [/note]     傷はつけたくないからケースも買った。 Amazonで3,000円程度     裏面はちょっとしたファイルを入れる感じのポケット   入るとしても分厚さとしてスマートフォン1台分ぐらい   パカっと開けるとカード入れる部分と、Snuggのロゴが見えます。 凹カットされてるのは取り出しやすいためだと思う。     カード入れは普通の(?)サイズなら1枚だけ入る。   シェルカバー取り付けた状態でも難なく入るけど本当はスキンシールが 全部貼れる前提(天面失敗した)で購入して、シェルカバーは予想外の出来事で持ち運びが重くなるからこのケース使ってない…。 シェルカバー + ケースなし か シェルカバーなし + ケースあり かで迷うけどシェルカバーないと傷つきそうだから3,000円は無駄になった。

新しいMacBook 12インチ 2015用のシェルカバー「Mosiso ゴム引き ハード ケース カバー 高品質シェルカバー」を買ってみた

前回の記事でスキンシールを天面に貼ることに失敗したのでシェルカバーを買いました。 [note] 5,500円もした、新しいMacBook のスキンシール「Spigen スキンシール」を買ってみた [/note]   価格として2,200円で高くなくどれぐらいの品質なのか少し心配。 Amazonで他のシェルカバーは1,500円ぐらいだったのですが高いほうがいいかなと思ってこっち買ってみた。     付属してるのは説明書なんてなく 底面と、天面の2個だけになります。     プラスチック製だけあって透明度はそこそこ。 マッドではないっぽい。仮にマッドで光を通さなかったらりんごマークが見えないのでこういう感じのが良い。     底面カバ 熱を放出するように縦に穴が空いてる。 4箇所のゴムが白色なのがちょっと残念。汚れが目立つ。     天面カバーを取り付けた。 リンゴマークはきちんと見えてるようで何より。     底面も取り付け。   至る所に引っ掛けるような爪があるので簡単に外れることは間違いなくない。 価格相応と言った感じがする。     ただでさえ1kgを切ってる軽さなのにシェルカバーを付けるのもどうかと思うけど 傷ついては売るときに価格下がるし、衛生上良くないからまあしかたないっちゃ仕方ない。