ガジェット

OPPO R11s の優秀と言われるカメラ性能は本当に優秀なのか #撮らずにはいられない #OPPOカメラフォン #r11s

OPPO R11s の体験みたいのを申し込んだら当たったのでレビューしてみようと思います。 特徴的なのは「カメラ」だそうです。テスターの際に「#撮らずにはいられない」、「#OPPOカメラフォン」をつけてツイートしてねって言われているぐらいです。 ということで今回はカメラを重点的にレビューしたいと思います。   スペック OS種類 ColorOS 3.2(based on Android7.1) キャリア SIMフリー CPU Snapdragon 660 SDM660 CPUコア数 オクタコア 内蔵メモリ ROM 64GB RAM 4GB インターフェース microUSB 外部メモリ最大容量 256 GB バッテリー容量 3205 mAh(交換不可) 画面サイズ 6.01 インチ 画面解像度 2160×1080  パネル種類  AMOLED  無線LAN規格  802.11 a/b/g/n/ac  背面カメラ画素数  2000 万画素  前面カメラ画素数  2000 万画素  手ブレ補正  –  4K撮影対応  –  耐水・防水機能  –  おサイフケータイ/FeliCa  –  認証機能  指紋/顔認証  デュアルSIM  ○   デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)  –  幅x高さx厚み  75.5×155.1×7.1 mm  重量  153 g 値段 62,510円(2018/03/19)     開封~付属品 SIGMA sd Quattro H (30mm, f/2.8, 1/160 sec, ISO100) シンプルな外箱でかっこいい   SIGMA sd Quattro H (30mm, f/5.6, 1/50 sec, ISO100)紙2枚、SIMピン、透明ケース 製品版でも最初からケースが付属されています。   SIGMA sd Quattro H (30mm, f/5.6, 1/50 sec, ISO100)イヤホン、マイクロUSBケーブル、USB電源   液晶の発色が綺麗 SIGMA sd Quattro H (30mm, f/7.1, 1/30 sec, ISO100)OPPO R11s の液晶タイプが AMOLED…

Ankerの完全ワイヤレスイヤホンが結構良い「Anker Zolo Liberty」

久々にレビュー記事でも書こうと思います。 先日、25日に布袋寅泰の Paradox Live Tour in 横浜アリーナに行ってきました。 最新アルバムを聴いていなかったので電車の中で予習してから行こうと思い、年に数回しか使わない SENNHEISER IE80 を家の中で探すも見つからず。 TSUTAYA で 1,000円程度のイヤホンを買ったのですがせっかくならということで イヤホンを買ってみました。という話。   Anker Zolo Liberty SC-02J (4.25mm, f/1.7, 1/28 sec, ISO200)Amazonで 7,999円でした。今は在庫切れですけど。   SC-02J (4.25mm, f/1.7, 1/33 sec, ISO200)対応コーディックは AAC, SBC のみの対応となっており aptX には非対応です。 価格帯を考えれば仕方ないですね。音質重視で買う価格帯の Bluetooth イヤホンではないですが、音質の面でも aptX は優位なので聴ければいいって感じのスペックです。   SC-02J (4.25mm, f/1.7, 1/33 sec, ISO200)内容物 ・本体 ・ケース(バッテリー内蔵) ・イヤーチップとか色々セット ・紙 ・USBケーブル ケースは microUSB で給電するタイプですが、充電器自体は付属しません。PCからの電力でも充分です。   SC-02J (4.25mm, f/1.7, 1/20 sec, ISO250)充電方法は、載せるだけでイヤホンの LED が光るので分かりやすいです。 イヤホン本体が満充電、ケースも満充電で最大24時間の再生ができるらしいです。   SC-02J (4.25mm, f/1.7, 1/33 sec, ISO250)ケースは microUSB 充電です。コネクタが壊れるのが怖いのでマグネット式のものを挿し込んでます。   SC-02J (4.25mm, f/1.7, 1/25 sec, ISO200)充電するのもマグネットでカチッなので壊れる心配もなければ、でかけるときもケース本体を引っ張れば勝手に USBケーブルも外れるので大変便利です。   接続について ケースから取り出すと、ペアリング開始です。 特筆する点もありません。 再接続等はとても便利で、ケースからイヤホンを取り出すと勝手に Android とペアリングしてくれます。もちろん Android 側は常時 Bluetooth を ON にする必要性が有りますが。   音質 フラットに近いようで低音が少し持ち上げられてる感じがします。 高音域も出ないわけじゃなく、普通に出ますが低音域が強くてあんまり出てこれてないような。 篭ってる間は無いんですけどね。 音場もそこそこあって、定位もしっかりしてます。解像度は高くはありませんが 2,3万円台のヘッドホンや、イヤホンにあるような解像度が高いくせに音に纏まりがないような感じがなくて聴き疲れは無さそう。 結構好みの音で驚きです。僕はオーテクの音が好きなので、オーテクの音が好きな人は大体好きな音だと思います。 クラシックや、オーケストラ、声が高音域で綺麗なアーティストの曲には向いておらず、ロックやEDMとかが合うイヤホンだと思います。   音切れについて 外出中に使ってみましたが音切れも無くて良い。新宿とか行ってみたけど大丈夫だった。 その時、スマホはポケットに入れてました。   装着感 IE80 時代に色々とイヤーチップを試してきたんですけどバッチリ合うイヤーチップに辿り着けませんでしたが、何とこれにはビックリ。ジャストフィット…😊 付属されてるイヤーチップとか、よく分かんないのもあるのでお好みのを着けたら良いと思います。   マイクの音質について まあ音質は悪いです。 録音したものを…

外出先でも障害対応できるように 2in1 タブレットな ASUS T102HA を買ってみた

タイトル通りで外出先でも外出中でも障害対応ができるようにと タブレットを探していたんですけど色々悩んだ結果、20年くらい悩んでしましました。   候補はいっぱいあった ・タブレット ・2in1 ・小さいパソコン (GPD Pocket とか Vaio Pro 11とか) この3つの大きな外枠を決めるのに時間がかかった。 GPD Pocket みたいな小さい画面でFHDでターミナル表示とか フォントサイズを大きくしないといけないとか色々考えたら GPD Pocket である必要性はなくなった。 ちなみにどのOSでもそれなりのターミナルアプリはあるので 正直どのOSでも良かった。   2in1 な Windowsタブレット ASUS T102HA PENTAX Q-S1 (5mm, f/2.8, 1/30 sec, ISO800)これにした理由はないです…中古で30,000円だったから…。 メモリ4GB が載った Atom x5-Z8350 ターミナルぐらいだったら全然余裕だと思います。 T102HA 以外の 2in1 はメモリが 2GB とかだった気がする。   PENTAX Q-S1 (7.7mm, f/3.2, 1/30 sec, ISO800)スタイラスペンが付属してます。     外観 PENTAX Q-S1 (10.3mm, f/3.5, 1/30 sec, ISO800)下部:キーボードと接続する部分   PENTAX Q-S1 (12mm, f/4, 1/30 sec, ISO800)左:USB3.0 イヤホンジャック microHDMI microUSB(充電)   PENTAX Q-S1 (11.6mm, f/4, 1/30 sec, ISO800)上:電源ボタン マイク   PENTAX Q-S1 (5.7mm, f/2.8, 1/30 sec, ISO800)右:ボリュームボタン スピーカー 本体にキックスタンドがあって結構倒せます。 画像撮ってないけど後ろには指紋認証とボタンみたいのがあります。   PENTAX Q-S1 (5mm, f/2.8, 1/30 sec, ISO800)キーボード マグネットが割りと強力なので簡単は外れることはなさそう。   PENTAX Q-S1 (14.9mm, f/4.5, 1/30 sec, ISO800)キーボードはメンブレンな感じでキー自体が割りと高い JISじゃなくてUSが良かったな~   PENTAX Q-S1 (7.5mm, f/3.2, 1/30…

Pebble2+HRを1週間使ってみた感想、良いとこ悪いとこ #Pebble #Pebble2

Pebble2を購入して数週間経ったのでまた記事を書こうと思います。 長々と長文書くのは面倒なので簡潔に書きます。 最初のレビューはこちら [blogcard url=”https://luispc.com/review/2016/11/05/8690″][/blogcard]     良い点 バッテリーは一週間以上持つ 使用しているウォッチフェイスが便利 Pebbleのアプリが地味に便利 軽い   悪い点 モーションセンサーの出来が悪い 着けてないときに心拍数計がめっちゃ光ってる 心拍数計の精度が微妙 再接続がちょっと微妙 という感じです。     ◯バッテリーは公称通り一週間持つ Pebble2 の公式サイトには1週間バッテリーが持つと記載されていますが公称通り、一週間持ちました。 モーションセンサーはOFF、家では電源OFFの環境です。     ◯ウォッチフェイスについて Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/25 sec, ISO800) 僕が使っている Pebble 2 のウォッチフェイスは Activity BloxX Pro というやつ。 一番上が陽が登る時間、降りる時間、右真ん中に歩数と歩いた距離、睡眠時間、右下は気温と心拍数が表示されます。 一番下は Pebble 2 のバッテリー残量に、天気が表示されます。 めちゃくちゃ便利なウォッチフェイスですが、この Pebble 2 の色にはあんまり合わない感も否めない。 有料ですが価格は200円もしない安さ。     ◯Pebbleのアプリが地味に便利 Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/20 sec, ISO800) Pebble のアプリに Dashboard というのがありますがこれが地味に便利です。 見てお分かりの通り、Pebble 2 側からスマートフォンを制御できます。 Find Phone というのはスマートフォンで音を鳴らして見失ったスマートフォンを探す機能。 それの右がスマートフォンをロック(スリープ)にする機能、一番右下が自動輝度機能のON/OFF Find Phone は地味に便利だと思います?     ◯軽い Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO400) Pebble 2 の重さが31.7gと非常に軽いので着けていても苦にならず大変良いです。 パソコン何か触っていても全く気にならない。     ✕Pebble 2のモーションセンサーの感度が悪い Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/25 sec, ISO800) Pebble 2 は時計を見る動作をするとバックライトが付いて便利だな~と思ったのですが 感度が悪かった…。 普通に時計を見る動作だけだと反応せず、思いっきり勢いを付けて時計を見る動作をすると バックライトが付いてくれます…。外でそんなことするのは恥ずかしいのでモーションセンサーはOFFにしました。 もしかしたらバッテリーも長持ちしてくれるかもしれませんね。     ✕着けてないときに心拍数計がめっちゃ光ってる Canon IXY 430F (4.3mm,…

新型Macbook 12で充電しながらもiPhoneを充電する画期的アイテム「PlugBug」

金曜日全休の者です。 ごきげんいかがでしょうか。   SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/125 sec, ISO400)新しいMacbook 12インチはご存知の通り、USB TypeCポートが1つしかないので 充電しながら他の端末を充電することが出来ません。 これ、どうにかならないのか?って調べてたらこんなのを見つけた。   PlugBug SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/40 sec, ISO400)Macbookの充電器って端子部分が取り外せるんですけど そこにUSBポートが搭載されたのに取り替えようというもの。 今回買ったのは前世代ものです。 今市場に出ているのは海外でも使えるタイプですが、出力などは前世代のとは変わりません。(2.1A)     SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/40 sec, ISO400)今回はAmazonの中古で2,500円で購入しました。 赤色で存在感がすごい。     SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/40 sec, ISO400)言わずもがな充電専用です。 出力は2.1Aとまぁ十分です。     SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/40 sec, ISO400)新型Macbook 12インチの充電器です。 今までのより割りとコンパクトになっているので取り付けると不格好さ相当すごいと思います。     SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/40 sec, ISO400)コンパクトになったお陰(せい)で PlugBUgがはみ出してます…。     SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/40 sec, ISO400)後ろから見るとこんな感じ。   SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/40 sec, ISO400)・・・。   SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/2, 1/40 sec, ISO400)と、実際に使ってみると今までより格段に便利になった。 PlugBugを使用する前はMacbookに変換ケーブル噛まして充電してたし… Macbookのバッテリー無かったら充電出来なかったし… 講義中隣の人のノートパソコンのUSBポート借りずに済みました。   と、今回は買って正解な買い物でした。   そういえば、USB PD対応なTypeCケーブルがAnkerから出たっぽいけど探しても見当たらねえ

5,500円もした、新しいMacBook のスキンシール「Spigen スキンシール」を買ってみた

夏休みとなりました。 テストの出来は悪かったです。どの単位落としたか楽しみです。   [note] 新しいMacBook 12インチ を買って、MacBookとかOSXを批判してみた(笑) [/note] せっかく軽いMacBookにケースなんて付けて 重くしたくなかったのでスキンシールを貼りました。 Amazonで5,500円ぐらいした。     価格が高価なだけあって 底面、天面、タッチパッド、パームレストの5枚と、ホコリ取るシート、シートを濡らすスプレー、空気を抜くゴム製の固形と豪華です。     簡単な英語で説明されてるので説明書読むのに困ることはないかと思いますが私は失敗した。泣いた。     底面は割りと(?)成功た。 水でびしょびしょに濡らしながら貼り付けて水の力で微調整して、空気が入ったらゴムで空気を抜くと…。 天面を貼り付けたのは最初ではなく2箇所目だった。 天面失敗しました!(^O^)! お金が飛んだ音がした!(^O^)!     パームレスト部分。 凹部分と向きさえ気をつければ割りと簡単に貼ることが出来た。 前使っていたノートパソコンは汗で色が変わってしまったのでせめてパームレストだけは本当にスキンシールを貼ったほうがいいと思う。売るときには値段落ちるし、見た目的にはめちゃくちゃ気分が落ちる。     タッチパッド部分 ここは水を吹きけてはいけないらしくて割りと緊張したけどスマートフォンの画面に貼るような感覚で出来た。 少し空気が入ってしまったけど今はもう抜けた。 感度的な心配もしていたけど変に悪くなることもなくてここも汚れないからとても良い。     悲しい天面です。 リンゴマークのスキンシールだけは貼った…。 とまぁ入ってみたけど天面シール貼れなかったのが割りと悔しかった。¥

iOSを叩くために iPhone 6 買ってみた

ここ最近夏バテか知らないけど朝とか辛い。 テスト重なってるせいのストレスか知らないけど胃酸過多がくる。 病弱アピールじゃありませんワラ   iOS 叩くためにとか書いてますけど普通にiPhoneが欲しかった。 AndroidのSPモードSIMで使いたかったのでdocomo版です。16GB。 オークションで48,000円。高かった。     新しいNexus 5か、現行Nexus 5と迷ったけど違うOSが良かったからこっちにした。 今までメインで使ってたので Xperia Z1 でAndroid4.4だとストレージ関係のセキュリティで不便だ… しかもおサイフケータイは使いたかったので 海外版焼くにもそうにもいかなかった~。     傷はイヤホンジャック部分の欠けぐらいだった。 画面に保護フィルムが貼られていなかったけど傷も無くてよかった。ここの傷とかもケースつけるので妥協点。     カメラ部分凸がでかい…。 裸のままで置くと不安定です。動かすとレンズに負担がかかるのでケース付けないとダメになりそう。     てことでさっそくAmazonでケースとかガラス保護フィルムを買った。 ケータイオタクがよくSpigenって言ってるからSpigenのケース買ってみた。1,900円ぐらい。     スパイダーマンを感じた。 2,000円ぐらいのケースだけあってか安っぽさを感じなくてよかったけどこれよく見たら iPhoen 6 Plus 用じゃん     iPhone 6 用のケースを買い直した。 買い間違えたケース 送料込み1,000円ぐらいで売ります。お声掛け下さい。     Plus版とは違い背面部分は特に細工はされていなかった。   画像じゃ分からないと思うけど厚さ。   裏面はアルミで出来ていて、spigenのロゴが記載されてます。 割りとかっこいい。   装着してみた。 カメラの凸部分よりもケースが出っ張ってるので置いた際にレンズが傷つくのはなさそう。     ガラス保護フィルム HanyeTechのイメージって安物高品質Lightningケーブルのイメージしかなかったけど保護フィルムも出してた。 割りと評価も良かった。Amazonで880円ぐらい。     ディスプレイ部分が湾曲?なんて言うんだっけ そんな加工がされてるので保護フィルムも小さく出来てます。     Xperia Z1がminiUIMだったので miniSIM から nanoSIM がカット出来るカッターも買った。800円くらい。     こんな感じにセットして思いっきり体重をかけると   nanoSIMが出来上がった。 このカッターが届く前にiPhoneが使いたくてMVNOのSIMをハサミで作ったら見事に失敗した;。;     厚さがちょっとあるかなって感じだったけど SIMスロットには入りそうなのでこのまま入れます。     特に設定もいらずに電波を掴みました。 LTEも確認済みです。     今最新のiOS8.4はツールで簡単に脱獄出来るっぽいので 脱獄もしてみた。何事もCydiaがインストールされた。   iPhone 6 まだ使い倒してないけどXperia Z1の170gぐらいと比べるとだいぶ軽いし、動作にもたつきもないので 満足してます。  

Galaxy Tab S 8.4 ー外観ー #Galaxyアンバサダー

Samsung端末を近く触ってないのでモニタープログラムに応募したら当たった。 ありがとうございます。   SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/2.8, 1/30 sec, ISO400)今回借りられたのは 「Galaxy Tab S 8.4(docomo)」になります。簡単に思ったことでも書こうと思います。 impressだと日本版は1.9GHz+1.3GHzのオクタコア「Exynos 5 Octa」と記載されてますが docomo公式だと「2.3Ghz クアッドコア」と記載されてます。 まあ公式が正しいんでしょうが「Snapdragon 800 クアッドコア 2.3Ghz」もあれば十分です。 OS  Android 4.4 プロセッサ  Snapdragon 800 クアッドコア 2.3Ghz RAM  3GB ROM  16GB(外部ストレージ有)  ディスプレイ  スーパー有機EL QXGA 2560×1600ピクセル  バッテリー  4900mAh  カメラ  メイン)有効約800万画素CMOS イン)有効約210万画素CMOS  重量  約294グラム ROMが少し少ないのかなと思いますが、私はそれほどストレージ量を気にしないので スペックだけみたら良い端末です。(タブレットにカメラを期待してない) 片手で持つことは可能ですが操作は無理ですね。 重量は294グラムと見た目と違い軽いのでちょっと驚きます。       SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/80 sec, ISO400)底面には ・イヤホンジャック ・microUSBコネクタ ・スピーカー + マイク があります。 画像を撮り忘れましたが右側にスロットやボタンなどが集約されています。         SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/1.8, 1/50 sec, ISO800)カメラ部分 この出っ張りがなければ最高だと思うんですけどね。 中々難しいんでしょう。       SONY DSC-RX100 (10.4mm, f/3.5, 1/40 sec, ISO800)カメラの設定で写りは変わってきますが スーパー有機EL(Super AMOLED)はすごい綺麗! 解像度もQXGAなので尚更ですね。 興味ある方は実機で確認した方がいいですね。   次はソフトウェア編にでも