自作PC

激安3D NANDなNVME SSD「ADATA ASX8000NP-128GM-C」を2台でベンチマークとってみた

ベンチマークを”とる”の漢字ってどれが正しいのか 毎回迷う。 3D NANDでNVME SSDを2つ手にしたので fioを使ってベンチマークを取ってみたいと思います。   構成 Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO100) Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO100) ADATA ASX8000NP-128GM-C ×2(M.2 -> PCIe変換カード) RAIDZ-1(ZFS) Proxmox(Debian) Xeon E5-2650 Memory 32GB 今回はブートディスクではなく、ZFSを使ってRAID1環境です。 RAID0ではないのでご注意ください。   ベンチマーク 今回はWindowsではなくLinux環境なので fioを使ってベンチマークを行いました。 オプションとしてbs=4k, jobs=64となっています。 ※書き込み速度に関してはチューニングをしていないので 信用しないでください。   シーケンシャル リード [crayon-5b4f7e9673e5c797676084/] IOPS : 701270 bw : 2739.4MB/s   シーケンシャル ライト [crayon-5b4f7e9673e77342199575/] IOPS : 258093 bw : 1008.2MB/s   ランダム リード [crayon-5b4f7e9673e7d536721256/] IOPS : 731567 bw : 2857.8MB/s   ランダム ライト [crayon-5b4f7e9673e84437087820/] IOPS : 14872 bw : 59489KB/s   まとめ 種類 IOPS スループット(MB/s) レイテンシ(usec) Seq Read 701270 2739.4 50usec Seq Write 258093 1008.2 100usec Rand Read 731567 2857.8 20usec Rand Write 14872 59.49 50msec ※書き込み速度に関してはチューニングをしていないので 信用しないでください。 書き込み速度に関してはZFSのsyncがenableな状態でとったので 激遅になっています。 購入当時、このSSDは9,000円を切る価格で3D NAND + NVME 1.2が搭載されており コストパフォーマンスが優れているSSDだと思います。 それでも10,000円を切っているのでオススメです。 熱はそこそこ高く、冷却もきちんとしないと サマールスロットリングが発生してしまうので注意が必要です。

リーズナブルなNVMe M.2 SSD 「Intel 600p SSDPEKKW256G7X1」を買ってみた

明日は気温30度ぐらいあるらしいです。 そしてインターンが本日終わりました。また記事にでもします。     Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/25 sec, ISO800) つい最近発売されたIntel製の低価格向けNVMe M.2 SSDです。 そもそも買い替えた理由は前回記事にでもした通り、不満が多かったからです。 巷で話題の激安SSD「LITEON MU 2 PH3-CE240」は買わないほうが良いかもしれない NVMe M.2 3D NAND 256GB で1万円と小銭程度で買えます。 今回は楽天ポイントを使ったので7,000円程度で買えました!     Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO800) 付属品は ・SSD本体 ・スタートガイド のみです。     Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/20 sec, ISO800) この基盤めっちゃカッコよくてSMIコントローラーがめっちゃ味出してます! と詳しいチップの構成などはエルミタージュさんが詳しいのでそちらを見てください。     Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO500) 今回は MAXIMUS VII RANGER に刺しました。 BIOSでPCIEスロットをM.2に変換すれば普通に認識してくれます。     CrystalDiskInfo です。 NICが2枚刺さってるせいで PCIe 2.0 x2 接続になってます。 PC内にホコリを絶対入れたくない主義なのでケース内ファンは全部排気です。 にも関わらず負荷をかけても41度でした。 Plextor のNVMe M.2 は割りと高温になってヒートシンクでサンドイッチするみたいなパーツがありますが そんなの必要ない感じです。     CrystalDiskMark です。 本来はシーケンシャルリードで1.5GB/s 他に大体2倍以上の数値が出ます。 今回は PCIe 2.0 x2 接続なのでどれも本来の半分しか速度が出ていません。 でもここまで速度出てれば不満はありません。 Windows Update しててもフリーズしませんし? 安心のIntel ブランドで保証も5年あります。 今回は PCIe 2.0 x2 接続で本来のスループットではありませんが価格と容量、速度、信頼性を考えたら 良い製品だと思います。

巷で話題の激安SSD「LITEON MU 2 PH3-CE240」は買わないほうが良いかもしれない

こんにちは 大学が始まりました。皆さん如何でしょうか? この前安さに釣られて5,999円で256GBのSSDを買いました。 チラシでは「当社指定製品」みたいな書かれ方をしているやつです。 税込み5,999円の256GB SSD「LITEON MU 2 PH3-CE240」を買ってみた この製品を使って4ヶ月程立つわけですが気になることがあったので皆さんが安物買いの銭失いにならないように記事に書こうと思います。     Disk I/Oに負荷がかかると動作がカクつくようになる 何言ってんだ当たり前だろ!って話ですが↑の画像の通り Read 1.2MB/s Write 23.2MB/s で文字入力するときでさえ遅延が発生します(今も)。 これがどういった状況かというと Windows Update だったり 何かビルドしてたり。 今まで使っていたSSDではこんな程度でカクついたことは無かったのでSSDが要因の1つであると思います。 さすがにプチフリはこのご時世ないだろうと思っていましたがあるんですね! 安物買いの銭失いにならないように皆さんもお気をつけくださいませ。 ※SSDだけの要因ではなく原因はOS側に問題があったりもします!(てへ)

AMD RADEON RX480を買ってみたがやっぱりゴミだった

お久しぶりです。 夏休暇中ですがインターンだったり、昨日、一昨日はでんぱ組.incのライブを行っていたり色々な意味で充実しています。 そんな中で巷で有名なRADEON RX480を買ってみた。   iPhone 6 (4.15mm, f/2.2, 1/30 sec, ISO250) カメラのバッテリーが無くてiPhone 6で撮影しました。ご了承。 メモリ8GBの新古品で送料込み25kで買えました。届くのに時間がかかったけど。 モデルはいわゆるリファレンスモデルで特筆する点もありません。     iPhone 6 (4.15mm, f/2.2, 1/15 sec, ISO400) 買い換える前はGTX670 SLIで何も不満は無かったのですが世代が古くてそろそろ買い換えようと思ったのがキッカケ。 最後にRADEONを使ったのは280Xだったのでそろそろまともに動くようになったのかな?という確認もまた一つ? 環境は4画面で問題なく出力できました。     左のディスプレイにマウスポインタを動かすとこうなります。 やっぱりRADEONはいつまでもGeFroceに勝てませんね…。

CPUの裏面チップコンデンサは無くても動く!13,000円で買った「Intel Core i7 4770」が動いた

暑い…夏は嫌だけど冬も嫌だ。 春と秋だけで良いと思うんですよね。 今までは「Intel Core i3 4370 2C/4T 3.8Ghz」を使ってきましたが最近Androidのエミュレータを動かすようになってビルドとエミュレータ起動時にパソコンがカクつくようになってしまった。しかも趣味ならともかく学校の実験で使わなければならないっていうのが腑に落ちない。 正直CPUを買うつもりもなくて、適当に友人と秋葉原にいったらそこに宝石が落ちていた。     SLT-A65V (30mm, f/2.8, 1/50 sec, ISO800) ジャンクという名目で 「Intel Core i7 4770」が光ってこちらを見ていた。 ジャンク理由としてはCPU裏面のチップコンデンサが欠損である。       SLT-A65V (30mm, f/5.6, 1/50 sec, ISO1600) ちなみにこんなにチップコンデンサがぐちゃぐちゃになっていました。 正直動かないと思ってました。     動いた。 チップコンデンサは重要であろうとOCとかしなければ充分なんだろう…。

税込み5,999円の256GB SSD「LITEON MU 2 PH3-CE240」を買ってみた

Buymoreの特価情報をTwitterで見てて友人と喋ってたら4限サボって秋葉に居た。 このご時世のSSDならTLCだろ安物コントローラーだろうとプチフリなんてないだろうし壊れたら保証あるだろうしってことで5,999円の256GB SSDを買ってみた。   Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/25 sec, ISO800) LITEON MU 2 PH3-CE240 (SATA3 256GB) です。 初めて触ったSSDが OCZ Vertex 30GB (OCZSSD2-1VTX30G) で価格が16,000円ぐらいだった気がする。 それを考えるとめちゃくちゃ安くなったなと感じる…。940GBぐらいのやつでも23,000円ぐらいですもんね。     Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/20 sec, ISO800) 外観に関しては特に特筆することはなく普通にシンプルです。 速そうでもないし、LITEONロゴだけ。   Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/20 sec, ISO1000) ということでメインのデスクトップに載せます。 今までは 128GB SSD + 500GB HDD という組み合わせだったのですが256GB一発で足りるので今回購入したSSDのみを載せてそれ以外は外しちゃいます。   Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/20 sec, ISO1000) 底面はとても簡単。 もう片方のバックパネルを開ける必要もなく利便性が高い!   Canon IXY 430F (4.3mm, f/2.7, 1/30 sec, ISO640) 3.5インチのツールにも2.5インチなストレージがマウンタなしに設置することができます。 NZXT H440 はめちゃくちゃ良いケースだと思います。 PCケース買い替えたんだけど割りと良いケースでステマしたい「NZXT H440」 + 「ASUS Maximus VII RANGER」     OSを入れて必要なものを全て入れた状態でのベンチマークです。 安い割に読み込みも速いし、書き込みもそこそこ。 シーケンシャルアクセスも450MB/s以上出てるし大満足。 正直書き込みはどうでもいい。   久々に秋葉で買い物をしたんですけど、やっぱり特価は通販より安くていいですね。 通販で買うと歩く必要性もないし、欲しいものがすぐ探せて良いんですが店舗に行くと通販以上に安いものもあってまだまだ捨てたもんじゃないと思いました(?)

2.0TBで税込み6,980円のHDDを買ってみた「MARSHAL MAL32000SA-T72」

テストまで1週間ぐらいやw何も勉強してねえ このWebサーバーは仮想で動いてるんですけどその物理サーバーのHDDが入/出力エラーを吐いてて死にそうだなと 思ったので翌日に届くHDDを探していたところこのHDDがあった。   MARSHALのHDDって東芝かどっかのOEM?か何からしいってのを聞いた。 Amazonで6,980円でした。     参考にならない hdpram でベンチマーク取ってみた。 tetsuyai’s blog さんからスクリプトを借りました。 [crayon-5b4f7e96744fd401375674/] 12回測定して、最小最大を抜いた平均をだしてくれるみたいです。   まずはProxmoxとWebサーバーが動いた状態のSSDで実行してみる。 [crayon-5b4f7e9674508112092259/]   今回買ったHDD。 [crayon-5b4f7e967450c643285963/] 割りと速い気がする。 と早速サーバーに入れて使ってますけどまた入/出力エラーが出た。 これは…

ファンを換装した「GELID 静音ファン Silent PWM 120mm」

トップの3連ファンの2つがとてもうるさいので一つだけ静音ファンに換装してみた。   そういえばぼく20歳になったんですよ。 Amazonで842円で売られていて評価もそこそこ高いので何も迷わずこれにした。     フィンは特別何か加工がされてるわけでもなく 普通のファンって感じ。     付属しているのがネジではなく、ゴムのやつ。 これも静音のためだと思うけど使い方がわからなくてネジを使いました。     前と奥がとてもうるさいので手前側を換装したけど 結構静かになったのでだいぶ満足。CPUも発熱しないものだししばらくはこの環境で行こう(๑╹ڡ╹๑)